美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

新宅睦仁 個展「コンビニ弁当の山-Time is money.」(東京)2016/11/26〜12/25

    2018/07/04

1にリーマン、2にアート

私は賃金労働者である。あるいは私のことをアーティストだとお思いの向きもあろうが、違う。私は単なるサラリーマンである。

誰かが言っていた。アーティストとは生き方であって、職業ではないという。言いたいことはわかるが、しかし、古今東西、世界広しと言えども飯の食えない〈生き方〉なんてものはあった試しがない。たとえ乞食でさえも、まっとうに(?)大衆に乞うて糊口を凌いできたのである。

だからアーティストとは、間違ってもひとつの生きざまだなんていう格好のつくものではないと、私は思う。乞食以下の、単なる偏執狂である。意味のないものに意味があると言い、意味のあるものを意味がないという。それこそこんな奴らを社会に置いておく意味があるものか、どうか。

さて、何を隠そう私もまたその偏執狂のひとりであるのだが、この年の瀬にひとつお目汚しと洒落込みたい。しがない賃労働者が、仕事の合間を縫ってこしらえた作品の展示である。

新宅睦仁 個展「コンビニ弁当の山-Time is money.」
会期:2016年11月26日(土) - 2016年12月25日(日)
休館日:11/28、12/5・12・19
時 間:11:00 - 19:00
入場料:無料
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
会 場:トーキョーワンダーサイト渋谷
▼展示詳細URL
http://tomonishintaku.com/works/exhibition/161126_conveni-bento2.html

初日の26日には、16:30~アーティストトーク、18:00~交流会の予定である。暇で暇で仕方がないという方は、ぜひご来場いただければと思う。

なお、翌27日には、私はシンガポールへ旅立つ予定なので、日本での新宅を見納めておきたいという奇特な方も大歓迎。ではあるが、特に気のきいた何かしらがあるわけではないのであしからず。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

  関連記事

「オレ最高!」の化けの皮

朝っぱらから胸糞が悪い。 来週の6月15日が〆切のshiseido art eg ...

暑い夏の日の夕暮れに「野火」を見た。

大人になって、というか、つい最近わかってきたことがある。 たとえば、私は相当な気 ...

「ヒミズ」と「バス174」を見た。

昨日は淡々と、しかし充実した一日を過ごした。絵の制作は4ゲーム、ランニング、そし ...

作家とギャラリーの取り分について

作家の人たちと話すと、たまにこの話題になる。要するに金の話である。 世の中は、何 ...

愛と正義の誰かしら

見ていて感心する。説明を聞いて感嘆する。すばらしい働きだなあと思う。 どこかのC ...