ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

ちょっとした、美術の話

  2016/04/08

昨日、初台にある東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の『高橋コレクション展 ミラー・ニューロン』を見に行った。

村上隆から会田誠、草間彌生にヤノベケンジと、まあ、相変わらずの豪華なコレクションではあった。

私としては、未見のもののほうが少なかったので、それほど得るものはなかったのが正直なところである。それは別にいいとして、全体を通して漠然と感じたことがある。

コレクションの数々は、古いものでもおおむね2000年前後あたりの作品である。つまり、前時代では決してない現代の新しい作品ばかりである。

にも関わらず、どうもこの15年程度で、すでに絶対的な時の評価、時間による選別を受け始めているという”感じ”がするものがあった。つまり、もうすでに古くさい感じがするのである。

とはいえ、この”感じ”は実に曖昧なのである。どの作品がどのようにというわけではないのだ。もしかすると、よくよく検証すれば、そんな古くさい作品はひとつも無かったのかもしれない。一点一点の展示の流れや、あるいはその間をすり抜けてゆく隙間風のようなもの、もっと、気のせいでしかないのかもしれない。

しかし、ぼくが感じた”古くさいという印象”は、かなりはっきりとした、確信的なものであった。一方、この印象の出処のわからなさは、美術家を志す者のひとりとして、何か、とてつもなく恐ろしい、致命的なものであるような気がする。

古くさい、それを織り込み済みで、あるいは逆手に取って作品にするならそれでいい。しかし、この正体不明の古くささ。なんだかよくわからないけれども、古くさい、という印象、あまりにも感覚的な、古くさい感じとしか言いようのない”感じ”。

もちろん、未来、揺り戻しが起こり、いま感じた古くささが、まったく斬新に見える可能性が無いではない。しかし、近代までの芸術(基本的に確立された美の規範の中での格闘)とは違い、新しさの根拠、あるいは美の規範も含めて創造される現代アートの場合は、一度古くさいとされてしまったものは、もう二度と批評の俎上で返り咲くことはないのではないか、とも思う。

なぜなら、と考えてはみたものの、それらしい理屈が出てこないので諦めた。

とにかくは古くさくならない作品を作ろう、って、そんなことを計算ずくでコントロールできたら苦労はしない、という話である。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

私の書く理由(ブログを書き始めて10年あまり)

人は折に触れて、自分が何故それをしているのか理由を問い直したくなるものらしい。そ ...

グループ展「Contemporary TakeOut」Touchon & Co Gallery(ロサンゼルス) 2019/4/27

ロサンゼルスにて2019年4月27日(土)にTouchon & Co Galle ...

暑い夏の日の夕暮れに「野火」を見た。

大人になって、というか、つい最近わかってきたことがある。 たとえば、私は相当な気 ...

現代美術という狂宴

昨日は谷中のHAGISOに『益永梢子 個展「Abstract Butter at ...

アーティストや作家という茶番

時間が経つのは早い。大人になると、なお早い。 2月になった。朝、出社してぼうっと ...