わかめと長ネギと麩の味噌汁、の料理レシピ

  2017/08/22

どうもみなさん、バレンタインデーはいかがでしたか。ほんのわずかにご機嫌だったわたくし、シンタクトモニです。
最近、自分自身のブランディングとか戦略とか、自分が美術の世界でどの立ち位置なら勝てる可能性があるのかとか、要するにマーケティング的に考えてたりします。
それで名前のことなんですが、「新宅睦仁」ってあまりにも漢字が難しすぎると思うんですが、どうなんですか?いや、当ブログを初見の人or新宅睦仁っていったいどこの馬の骨?という人のために言っておきますが、本名ですし寺の人でも中国の人でもありません、から。
で、名前が読めないと、ああ、ああ、この字面見たことあるなあ、なんちゃらかんちゃらって奴、ってことで片付けられたりしまんせんか? しますよね? するよな? しなきゃだめだよ!って、これは学校の先生のマネです。一部の人にはわかると思います。
で、たとえば、蔡國強。ツァイグォチャンと読みます。広島の空で真っ黒な花火打ち上げたり、北京オリンピックの花火とかプロデュースした人なんですが、ちょっと読めませんよね?
だから、ああ〜、フコクキョウ?みたいな適当な読み方で、永遠に、あ〜、フコクキョウ?だっけ。ということになってしまう。いや、僕は美術家の名前を覚えるのを誇りとし、また得意としているのでさらっと読めるんですが(自慢)。さらに、たとえば張暁剛。ジャンシャオガンと読みます。これも僕は読めるんですが(さらに自慢)。むちゃくちゃ高額な値段で取引されている中国の現代美術家です。そして岳敏君は、ユエミンジュン。これも僕は読めるんですが(しつこく自慢)。この人の作品では、特にドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」(ドラゴンアッシュのアルバムのジャケットにもなってたやつ)のパロディ(パロディではなくオマージュなのかもしれないが、ってどっちでもいいや)が特に
好きです、って、なんか単なるアートかぶれな恥ずかしい展開をしてしまった。ごめん。
そんなこんなで表記を「シンタクトモニ」と、カタカナにしようかなあ、とか考えてみたりして。だって、新宅も睦仁も両方読めないとよく言われるし。そう、政治家が選挙でよく平仮名の表記にする、いわゆる「開く」というやり方です。「山田たろう」とか、選挙ポスターでよく見かける字面でしょう。だからまあ、シンタクトモニにしようかなあ、と。
ああ、気づけば自分のことばかり語ってしまった。ナルシシストでごめん。でも悪いとは思ってない。
そうそう、以下レシピです。【わかめと長ネギと麩の味噌汁】▼材料(4人分)
<種>
塩わかめ : 10g
麩 : 15個
長ネギ : 1/4本
<汁>
一番出汁 : 700ml
赤出汁味噌 : 45g
<口>
粉山椒 : 少々▼作り方
(1)塩わかめを水で洗い、しばらく水につけておき塩抜きをする。
(2)わかめを一口大に切り、水をしぼる。長ねぎは小口切り。
(3)別皿で、みそを一番出汁少々で練り、溶かしておく。
(4)一番出汁が入った鍋に、(3)を入れる。
(5)(4)=味噌汁を温める。
(6)椀に、長ネギ・麩・わかめを入れておく。
(7)椀に味噌汁を注ぎ、粉山椒をふる。★ポイント
・(3)(4)で使う一番出汁は、出汁を取った直後の温度くらいのままです。
・味噌汁は沸騰させないように注意。
・材料を鍋の味噌汁に入れないことで、わかめや長ネギの緑がきれいな状態で、麩はぐずぐずになり過ぎずに食べられます。
今まで味噌汁の具は一緒に温めてしまっていたんですが、だからいつも色が汚かったんだなあ、と素直に感心しました。そうだよね、長ネギとわかめなんか、味噌汁注いだだけで十分火が通るもんね。なので、なんでも緑の葉物はすぐに色が悪くなるので注意が必要です。ほうれんそうとか春菊とか、絶対に最初から入れてはだめです。いけません。本当にまずそうだし腐った色になるから!
というか、昨日は学校が終わって家に帰ってから(いつも22時半くらい)、なんと絵を描きました。絵どころか、学校に通い始めて以来、帰宅してからなんか作業するなんて初めてのことです。プロジェクターも使って、先日撮影したマクドナルドのビッグマックを投影してアウトラインを取ったりして、現時点で2枚を並行して制作を始めてしまいました。でも酔っぱらいながらだけど、だけどガリガリ色鉛筆で進めてやりました。そんでもって超久しぶりに酒を飲みながら自分の作品を眺めるという贅沢な時間を味わうことができました。ああ、いい夜だった。けど、寝たのは2時過ぎ、起きたのは5時半という寝てない自慢。
やっぱり、人生なにごともやる気だよね。僕は特に極端なんだけど、やるっつったらなんでも徹底的にやるもんだと思う。やらないっつったら、もう絶対やらない。それでええじゃろう? ええ、どがいな? よかろうが?○

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

作家は得である

2014/02/18   エッセイ, 日常

断っておくが、”徳”ではなく”得”である。英語でいうところのprofitである。 ...

生きる、すなわち身の振り方

2012/04/24   エッセイ, 日常

完全にレシピとご無沙汰の最近。最悪の言い訳、時間がない、ということを言ってしまい ...

2008/04/16   エッセイ

雨が降りだしました

時々は噛みちぎって吠えて

2008/03/06   エッセイ

男というものは、建設することも破壊することも無くなってしまうと、非常な不幸を感じ ...

クッキングパパのあごを見よ

2009/01/15   エッセイ

昨日はカニとトマトクリームのパスタを作りました。実家から持ち帰ったカニ缶がびっく ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.