時代は変わってどうなった?どうなった?

  2017/08/22

きょうのタイトルはナンバーガールの歌のメロディーで読んでほしい。わかる人にはわかると思う。わからない人は流してくれてかまわない。

小林多喜二の「蟹工船」の後半に収録されている「党生活者」を読んでいる。

今月の22日に、En-Sophのつながりで、「党生活者」を課題図書とした読書会があるのである。

読書会というのは、課題図書を決めて読み、それについてみんなで議論するという会、だそうである。というか、だと思う。たぶん。いや、今回初めて出席予定なのでよくはわからない。

とにかくはそういうわけで普段はまず読まない小説などを読んでいるのであるが、同じ本を読んだ者が集まり議論した経験などないので、それがいったいどういうものなのか、すこしだけ楽しみだったりする。いや、ほんとうはその後にある忘年会のほうがよほど楽しみだったりする。

党生活者というのは、タイトルの通り、共産党員の活動の話である。ときは1930年代。共産党員は大弾圧下にあった。労働者対資本家という、マルクスレーニン主義そのままの構図である。共産党員は搾取されている労働者たちよ立ち上がれ的な活動を展開する。それは非合法であり秘密裡であった。捕まれば取り調べ追求され、拷問、最悪の場合は死も待っている。かくいう作家の小林多喜二自身も、共産党的な活動により警察に捕えられ、拷問によって殺されているのである。

今朝、そういう話を、通勤電車の中でずっと読んでいた。警察はじめ弾圧恐るべし。共産党員の情熱恐るべし。

都営新宿線の神保町駅に着いて、地上に出た。

共産党です!

出た瞬間、おばちゃんにチラシを勢いよく差し出された。むろん選挙活動であるが、あまりのタイミングの良さにぼくは思わず吹いてしまった。わりゃあ80年前だったら命はないでほんま。

良くも悪くも時代は変わったのである。

すくなくとも、言論の自由がある。異論もあろうが、建前としてはあることにはなっている。ならばもっと発言しようではないか。いや、右でも左でもなくて、いや、どっちでもいいから、もっと、もっと、たくさんしゃべろうよという話。

PS. En-Soph様。22日の読書会に先日のEさんも出席したいそうで、いま党生活者を読んでるみたいです。読み終えれた時はよろしくお願いします。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

許容範囲は秒単位で違う

2008/05/26   エッセイ

某駅のトイレに書いてあった落書き。恐怖の恐も書けねえおめえが怖いわっ! と心の中 ...

興味が持てない病

2008/09/09   エッセイ

焼酎好きとしては最近の事故米の転売とか気になるんだよね。 なんていうの、ほんと憤 ...

毎日見てると

2008/04/16   エッセイ

だんだんレイザーラモンHGに見えてきた。 幕張フォー! おっけぇー~い! Abo ...

兄としてのわたし

2013/03/07   エッセイ, ブログ

あからさまに身内話が増え、若干の羞恥心を感じる今日この頃。まあ、それはそれで人生 ...

バッドモーニングエブリディ

2013/04/09   ブログ

ぼくの朝は祖母の咀嚼音から始まる。 だいたい7時半。ぼくの生活リズムでは、朝起き ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.