ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

土曜日の牛丼アート生活

  2017/08/22

昨日は家でひとり牛丼を撮影してました。それがこの画像。

このような画像というか行為、世界の難民、慈善団体等々からおそろしい非難を浴びそうですが、このあとちゃんと食べているのであしからず。ぼくは農家出の親を持ったおかげで、食べ物を粗末にすると目が潰れるという精神が体の芯まで染み付いているのです。

だから実際のところ、このような行為に並々ならぬ罪悪感を感じる。しかし、これはいまのぼくの"アート"なので、そんな罪悪感は葬り去らねばならないのだ、って、「なあにがアートだよ、ケッ」とは言わないように。

まったく、だんだん牛丼が嫌いになってきた。

実際にこういうことをやってみて初めて気づく。容器からこのように散らかすと一瞬にして"食べ物"から"残飯"になってしまうことに。「美味しそう、いただきま〜す!」から「吐きそう、おええっ!」に、自分の感情がたちどころに変化することに。

当たり前だが物質としてはまったく同じものなのに。どうしてこうも劇的に印象というか存在理由のようなものが変わるのかと思う。

その変化の仕方は、ほとんど"鮮やか"とさえ呼べそうなもので、しかも一度残飯に化したものは、もはや食べ物には戻らない。いや、ぼくは食べてるけども、味は言わずもがな、すごく気分が悪いことだけは確かだ。

乞食は残飯を漁るというが、それはいったいどれだけ苦しい行為なのだろうと思ったりする。

人間の尊厳とか、プライドとか、そういう、人間とはいったい何か?という問題のかけらが、この食べ物と残飯の間に潜んでいるような気がする。

って、ただの牛丼だけど。とにかくやってみて思うのは、これほどに食べ物がデリケートなモチーフだとは思わなかった、ということ。

"食べ物を使って作品を作る行為"にタブーに近いものを感じたり、死とか生とか道徳とか倫理とか、ここにすべてあるような気がしたりしている。

▼人気ブログランキングに参加中です。クリックorタップでアクセスアップにご協力お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

居酒屋依存症

2014/04/18   エッセイ, 居酒屋

何がそんなに楽しいのか、最近は連日居酒屋に行っている。臨時収入があったわけでも、 ...

メガネの絵はこちら

2008/11/05   エッセイ

メガネシリーズを始めるとか言ってたけどほんとにメガネを描いてたりする。 ちょっと ...

新しい絵(アイデア)に飛びつく

2008/11/02   エッセイ

更新、てほど更新してないけどホームページを更新してみました。 トップページに何の ...

悟ってはみたけれど

2017/07/27   エッセイ

最近とみに、もはや我が人生においてこれといってやるべきことはないと思う。人間とい ...

ときめいて秋めいて芸術めいて

2012/09/05   エッセイ, ブログ

今日は3時に起床し、朝のうちに絵の制作2ゲーム。100号と並行してジャケットサイ ...