ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を見た。

  2017/08/22

今日は気分が滅入ってるせいか、ごはんがまったくおいしくなかったぼくです。料理は愛情以前に気分です。元気じゃないと楽しくも美味しくもないよね、そりゃあ。まあ、早く元気になりますように自分で自分をなぐさめる。
ところで死ぬほど久しぶりに映画館に行った。どのくらいひさしぶりかというと6年ぶり。六本木ヒルズのとこの映画館で2006年公開の「ユナイテッド93」を見て以来なのである。思えば遠くまできたもんだと、やっぱりしみじみ思う。
しかも、はからずも911つながりな映画なとこに運命を感じなくもない。
ちなみに911のあのとき、ぼくは実家でウンコをしているところでした。はっきり覚えてる!おで、うんごじでだ!
それはともかく、久しぶりすぎる映画館は大満足すぎたし泣きすぎた。顔がパリパリになるくらい泣いてしまった。まったく、いい映画以前の問題で僕は泣き上戸だと思う。ほんとう。ぼくの涙腺のパッキンはめげとるよ(壊れているよ)。
内容について軽く触れると、まずタイトルがいい。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ってタイトル、なんて詩的でハイセンス。それにポスターもよい。めずらしくポスターの段階から気になってた。
大事ですね、タイトルもポスターも、って、はい内容についてですね。ざっくり一言でいうと、「超いいお母さんじゃないか!」という話。もうちょっと付け加えると、「人生で最悪のことがあっても超いいお母さんと味のあるお祖父ちゃんが居ればなんとか乗り越えられる」という話。
まあ、とにかくは見てみてね。なかなかいいから。サンドラブロックはとてもきれいなお母さんです。トムハンクスはとても人のよさそうなお父さんです。うむうむ、映画俳優とはかくも素敵なお仕事である。
それにしても映画館、ほんとうにしみじみよかった。これからは、せめて年に一度は行くことにしよう。映画と映画館、これは人類の大発明だ、っていうか、ほんとうに現代は娯楽があふれているものだなあ、なんてことを思ったりもする。娯楽を素直に楽しんでたら、一生とかすぐ終わっちゃうんだろうね。実際の話。そう考えるとよかった、出不精で無趣味な僕で。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

あまりにもくだらない夢とニョッキ

2012/04/17   エッセイ, ブログ

昨日の調理実習はニョッキグラタンとババロアでした。画像はなんなのかと言えば、食べ ...

当たり前の話

当たり前だと思っていたことが当たり前ではないことを知ったとき、人は少なからずショ ...

松井のことも野球のこともよくは知らないが泣く

なんか松井が引退したらしい。 天声人語をはじめ、各紙のコラムは松井ネタばかりであ ...

新宅睦仁 個展「牛丼の滝」(高知)2014/10/2~10/14

まったく更新しておりませんが、ぼくは元気です。全力で個展の作品制作に励んでおる次 ...

折々の生活の空白/展示のお知らせ

2014/03/12   エッセイ, ブログ

小説を書き進めようとしているのだが、どうも頭が回らない。頭が膨張するような収縮す ...