美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

「オレ最高!」の化けの皮

    2016/04/13

朝っぱらから胸糞が悪い。

来週の6月15日が〆切のshiseido art eggの応募プランにつらつらとダメ出しを食らったからである。

自分では最高だと思っていたアイデアも、人から見れば、つまり客観的に見れば穴だらけであって、まあなるほどと言わざるを得ないものである。

そんなことはわかってはいるが、しかし、そのようなアドバイスをなかなか素直に聞けないのが人間である。

忠言耳に逆らうとはよく言ったものだ。他のことなら「うるせえバカ」で終わりであるが、こと芸術に関してだけは、どんなつまらない人の意見でも真摯に耳を傾けなければならないと思っている、というか、肝に銘じている。

なぜなら、作品とは自己満足であってはならず、世に問うものだからである。世とは、人の集合体である。そこに作品を投下する。馬鹿も阿呆も、才人も偉人もいる。その中で、作品の価値が問われる。

ぼくは概して幼稚な人間であるが、ここだけは、背伸びをしてでも大人にならなければならない。ぐっと唇を噛み締めて、反省して、考えて、改善案を出さなければならない。

言うのはたやすいが、これがなかなか難しい。自他ともに認めるところ、ぼくはかなり素直な人間なのだが、いくら素直でも、こればかりはやっぱり難しい。素直じゃない人だったら、その苦しみたるや筆舌に尽くしがたいものがあるだろう。

でもまあ、この素直さは財産だと思っている。人の言うことは素直に聞く。聞き入れて、改善する(※芸術に関することのみ。その他はこの限りではありません)。だって、だいたいはぼくが間違っていると思う。オレ最高!とか言いながら、何故だかそういう謙虚さは持ちあわせている矛盾の塊である。

が、しかし、ぐぐぐ、オレが正し……くない。忠言が耳に逆らわなくなる日はかくも遠い。

とりあえず、酒が呑みたい。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

こちらの記事もよく読まれています

1さくら水産の品格(ランチ編)

食べ放題は下品である。いや、食べることに限らず、基本的に”際限がない”ということ ...

2美術家になれないあなたは悪くない

最近、SNSで美術大学の是非についての意見が飛び交っている。美大に行く費用を作品 ...

3飽きるとは何か(子供の感性を失った大人の飽きについて)

「悪いな。もう、おまえには飽きたんだ」 昔の安いドラマにあるお決まりのセリフであ ...

4さくら水産の品格(居酒屋編)

大人と呼ばれるようになって十年も経てば、誰しも”酔いどれたい”という日があるもの ...

5作家とギャラリーの取り分について

作家の人たちと話すと、たまにこの話題になる。要するに金の話である。 世の中は、何 ...

  関連記事

敏腕の名の下に

2008/05/09   エッセイ

雨が降っている。珍しく寒い。年中冬ならいいのにと思う。昔好きだった夏は今ではノー ...

ダイエット、自分磨いてどこへゆく

2012/08/14   エッセイ, ブログ

一句読んでしまった。季語はないが。 人は危機感によってしか動かないものだと痛感す ...

再現ドラマみたいな恋がしたい

テレビの見すぎかもしれない。 いや、もう何年もテレビのない生活を送っているが、結 ...

過ぎても来ても、単なる時間

2012/12/31   エッセイ, ブログ

年末年始休みの三日目、大晦日である。 絵画制作についてはコンスタントに一日6時間 ...

酒は飲んでも飲まれるな

2012/09/01   エッセイ, 居酒屋

おはようございます。昨日は猛烈に体調が悪く、24時間くらい寝ておりました。 ブロ ...