ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

「オレ最高!」の化けの皮

  2016/04/13

朝っぱらから胸糞が悪い。

来週の6月15日が〆切のshiseido art eggの応募プランにつらつらとダメ出しを食らったからである。

自分では最高だと思っていたアイデアも、人から見れば、つまり客観的に見れば穴だらけであって、まあなるほどと言わざるを得ないものである。

そんなことはわかってはいるが、しかし、そのようなアドバイスをなかなか素直に聞けないのが人間である。

忠言耳に逆らうとはよく言ったものだ。他のことなら「うるせえバカ」で終わりであるが、こと芸術に関してだけは、どんなつまらない人の意見でも真摯に耳を傾けなければならないと思っている、というか、肝に銘じている。

なぜなら、作品とは自己満足であってはならず、世に問うものだからである。世とは、人の集合体である。そこに作品を投下する。馬鹿も阿呆も、才人も偉人もいる。その中で、作品の価値が問われる。

ぼくは概して幼稚な人間であるが、ここだけは、背伸びをしてでも大人にならなければならない。ぐっと唇を噛み締めて、反省して、考えて、改善案を出さなければならない。

言うのはたやすいが、これがなかなか難しい。自他ともに認めるところ、ぼくはかなり素直な人間なのだが、いくら素直でも、こればかりはやっぱり難しい。素直じゃない人だったら、その苦しみたるや筆舌に尽くしがたいものがあるだろう。

でもまあ、この素直さは財産だと思っている。人の言うことは素直に聞く。聞き入れて、改善する(※芸術に関することのみ。その他はこの限りではありません)。だって、だいたいはぼくが間違っていると思う。オレ最高!とか言いながら、何故だかそういう謙虚さは持ちあわせている矛盾の塊である。

が、しかし、ぐぐぐ、オレが正し……くない。忠言が耳に逆らわなくなる日はかくも遠い。

とりあえず、酒が呑みたい。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

母なるものへ

べつに頼んで産んでもらったわけじゃなし、感謝する必要なんてないと思うわけ。あ、母 ...

失うものがある

今年に入り、立て続けにチャンスがあり、もれなく大きな成果を出せている。 細かくは ...

幸福実現党のダイナミズム

2009/07/15   エッセイ

ポストを見ると画像のようなチラシが入っていた。 基本的にチラシはまったく無視で捨 ...

電池の絵がうまく描けない

2009/03/11   エッセイ

リアリズムとはなんだろうか。描き進めてはいるんだけどどうも“本物らしさ”が今ひと ...

突き上げるのはあなた

2012/10/26   エッセイ, ブログ

朝ごはんを食べずに家を出た。 最近、ぼくは自堕落な状態に陥っているので、ぎりぎり ...