大人と空白

人には青春時代というものがある。それはだいたいにおいて友人で彩られる。

ひとりかふたりか、とにかくは悲喜こもごもがある。無知と未熟と純粋さとが絡み合い、濃密な忘れがたい時間を作り上げる。

しかし大人になるとそれは薄まる。いや、消えるといったほうがいいのかもしれない。

それぞれが仕事に忙しく、結婚すれば家庭もでき、関係できる時間の絶対量が減じる。

そうして疎遠になるのは、大人であればみな同じだろう。

その代わりに仕事があり、家庭がある。手一杯だ。しかしそれは時間の量的な「代わり」でしかない。

友人によって得られていた何かがあって、友人によってしか満たされえない何かがあって、だから友人がいなくなれば、胸中に空白が生じるのは必然であろう。

だからみんな、大人はみんな、どこか虚しいのだと思う。さびしいのだと思う。

そういう心持ちはみんな同じに違いないのだけれど、もう世界のどこに行ったって、何をどうしたって、その空白が満たされることはないことがわかっている。

大人だから、みんな、そんなことはわかりきっている。

だからいっそう虚しくなって、さびしくなって、つまらない酒でも飲んでごまかすしかないのだと思う。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

前の記事
祈っといたから
次の記事
歌丸と祖父

  関連記事

泡立つ関係

2008/05/15   エッセイ

なぜだか今更ながらホームページ作りに熱をあげている。でもこれはブームだからじきに ...

うどん、個展、うどん、個展

2008/08/26   エッセイ

前によく樋口と話してたことなんだけど、いまおれらがこうやってがんばれてんのはなん ...

男とは、かくも悲しくおかしく浅ましく

2014/04/02   エッセイ, 日常

話には聞いていたが、国立駅前または一橋大学の前の通りの桜並木は、確かにすごい。と ...

相対的な今昔

2013/12/06   エッセイ, 日常

気づけば12月も一週間が過ぎようとしている。いわゆる年の暮れが着々と近づいている ...

拘束された草原

2008/02/08   エッセイ

虹が出ているよと君が言うから、僕はしかたなくけだるい体を持ち上げはじめた。目をつ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.