頭でっかちなど居ない

  2017/08/22

下り坂をゴミ山がゆっくりと降りてくる。しかしそれはゴミ山ではなくホームレスの全財産で、僕はすれ違い様に、彼の薄汚れた顔を一瞥する。

目は合わなかった。彼はただ、前を、彼の背たけよりも高い、たくさんの財産を見据えていた。が、やはり僕にはゴミ山としか見えなかった。

人にはそれぞれ価値観があるという。別れた理由でよく出てくるあの価値観である。

僕の財産はゴミじゃない、と僕は思っている。僕の絵も、文も、はたまた生活に必要な細々とした一切を、僕はゴミとは思わない。それこそが僕の価値観だ。

価値観はエゴイズムの物差しである。人は、自分の価値観でしか人や物事を計ることができない。

ある人の物差しは、例えば30センチ。30センチ以内のことであれば、ミリ単位で判断でき、よく理解できる。しかしその範囲を越えたものには、目測りで望むしかない。30センチより遠くなればなるほど目測りは曖昧になり、よくわからなくなっていく。ゼロセンチ以下も然り。

だからそうなのだと、僕は思う。人が怒り争うことが、いつも決まって小さな小さな取るに足らない事柄なのはミリ単位の世界だからだ。一ミリだ二ミリだと具体的過ぎる数値でせめぎ合うから、和解の仕様がない。逆に言えば大きすぎることでは、人は怒るに怒れない。想像もつかないからだ。案外に、怒るということは想像力を必要とするものなのかもしれない。

例えば、見てもいない浮気現場に憤る。何年経っても怒りを思い出せるほどに憤る。それはもう、並々ならぬ想像力の為せる業。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

前の記事
不安を餌に
次の記事
登場のとき、足下に

  関連記事

感受性という器官(若さと老いについて)

2016/04/08   エッセイ, コラム, 書評系

サマセット・モームの【読書案内―世界文学 (岩波文庫)】を読み返していると、何の ...

CASHIでレセプションに参加

2009/02/06   エッセイ

今日のタイトル、明快明朗でよくない? うん、そんなわけで昨日は当日に知り急遽行く ...

年末の風

2015/10/29   エッセイ, ブログ

十月が終わる。 十月の次は十一月である。当前、十一月の次は十二月である。つまり年 ...

経験は感情の前に倒れゆく

2008/01/15   エッセイ

なんだか閉じ込めておく装置が欲しいな、なんて思った今。いや、これはブログ書くため ...

遅ればせながらお花見に行った

2009/04/09   エッセイ

今日は猛烈に花粉が多いと別所哲也が言ってたけど花粉症の皆様はさぞやお苦しみになっ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.