ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

説明はいらない

  2017/08/22

つまり、どこにも行きたくない-F1000226.jpg

画像の大竹伸郎著「ネオンと絵具箱」より引用。
「画家」になるというごく個人的かつ無謀な思いがイギリスへ渡る大きな切っ掛けではあったが、いつの時代もそんな思いにマニュアルやら世間の同情はない。
どんなに何を思い込もうができる限り絵や写真を残そうが、それが青春の一ページになることはあっても、その先の希望する未来につながる確証は何もない。
たとえ「火星」に身を置いてみたところで自分の思いがその先どのようにつながっているのかをあらかじめ知ることは出来ないし、考えてみればそれはかなり残酷なことでもある。
しかしだからこそ、その時の「今」が人の記憶の奥底に入り込むのだと思えるし、また様々な人々との出会いに予想外の彩りを与えるのに違いない。
引用終わり。
残酷な真実、だけど、だからこそ納得。
ある人が世に出る人はすべからく文章がうまいと言っていたが、確かにという気がする。
彼は文章がうまい。いや、引用した文章は内容に感銘を受けたんだけれども、全体的にうまい。
ちょっと、大竹伸郎を好きになる土曜日の朝。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

ぼくが韓国へ行けた理由(わけ)

2012/09/07   エッセイ, ブログ

昨日は画像の通りのカレーを新宿で食べてみた。まあまあおいしかった。というか、なん ...

絵を換金して物品

2008/08/27   エッセイ

絵は靴になりました。 About Latest Posts 新宅 睦仁広島→福岡 ...

正確な退廃

2008/09/12   エッセイ

どこでぶつけたのかひねったのか右手親指付け根が痛む。 秋の空はどこまでも高く、と ...

串揚げは神の味

2009/08/10   エッセイ

昨日はパルテノン多摩に出品する作品の制作を開始した。アットわたくしのお宅、新宅。 ...

労働に追われて逃げだせば

2014/09/22   エッセイ, ブログ

今月の初旬より、わけあって仕事場が稲荷町になった。と言っても実にマイナーな駅であ ...