格言で気づけること

  2017/08/22

つまり、どこにも行きたくない-F1000988.jpg

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしいが、重大に扱わねば危険である。
芥川龍之介
この格言は前になんかの本で読んで知ってたんだけど、昨日ラジオからふと流れてきて、改めて含蓄のある言葉だなあと。前から知ってましたよといちいち書く僕は、やっぱり事故顕示欲の強い男だなあと。いや虚栄心かなあと。オブラート。
って、そこから何を考えたってわけでもなく、今朝もまたデイズジャパンというフォトジャーナリズムの雑誌を読んでたんだけど、むしろ芥川の格言は全然関係なく、その雑誌から次のようなことを思った。
前にとある知り合いが「アートって言葉嫌いなんだよね。ピースとかとおんなじでさ、すごく嘘臭いんだよ」と言っていたんだけど、それはたぶん、リアルな「WAR」が身近に無いから対義語としての「PEACE」の意味が脆弱かつ曖昧になってしまってるんじゃないか。
死を強く感じた時にこそ自身の生の存在をありありと感じられるように。
そうすると「ART」という言葉の嘘臭さの正体が見えてくるような気がする。
現代では、身の回りが「アートばかり」だから、土や空気と同じようにいつでもどこでもいくらでもあり面白くもなんともないもの=ARTアートあーと、それを何度も何度も繰り返し繰り返し「これがアート」「アートは素晴らしい」「アートのある生活」「心の栄養、アート」「知らない自分に気づかせてくれる、あ~と」などなどなどなど……。
それでいつの間にか「アート」という言葉は「いい天気ですね」みたいなどうでもいい言葉になってしまって、アートって言葉はなんか嘘臭い、となったんじゃなかろうか。
あ、なんか今日は中途半端だ。不完全燃焼。また明日

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

フリーター、野宿者、そして衰退する日本(4)

昨日は朝晩と2ゲーム行った。ゲーム、というのは、例のタイマーをセットして1時間集 ...

ホタテと長いものバルサミコソテー

2012/01/23   エッセイ, 料理

今回はクックパッドに載ってたレシピを作ってみました。ホタテは近所のスーパーの状況 ...

熱に染み入る

2008/07/30   エッセイ

眠いと体が熱くなる。眠るともっと熱くなる。というのも電車で立ったまま寝てるとやた ...

説得力のない看板

2009/06/17   エッセイ

だとは思いませんか? まずおめー自身をキレイにしろよ、とか思って写メしておいた。 ...

朝カレーのすすめ

2009/01/28   エッセイ

だんだんタイトルが俗っぽくなっていってる気がするけどわかりやすい方がいいでしょう ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.