幸福の美学

  2017/08/22

F1000391.jpg

明日は歯医者。何週間目か忘れたが歯医者。
仕事があるのはいいことだ、とつくずく思う。しかも絵に関する仕事。
ゴッホが現代の自分の絵画の状況を知ったとしたら、ありがたい、と言うだろうか。
少なくともぼくなら“クソヤロウ”だ。
支払われる対価に対するプレッシャーがぼくを今より高いところに連れて行ってくれるような気がする。
対価は高ければ高いほどいい。ある意味、“金をかければかけるほど良いものができる”というのは真実のような気がする。
現に僕はその対価に対して、とてもふざけることができない。
昔とうちゃんから聞いた言葉はもっと大局的な意味を持つのかもしれない。
ありがとうって思っててもどれだけありがとうと思ってんのかわからないから中元とかお歳暮とか“モノ”で表すんだ、って。
繋がるかどうかわからんが、確かに、金の使い方でその人の人格は計れる気がする。
しかも、かなりの精度で

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

前の記事
ハングリー精神の敵
次の記事
正確な退廃

  関連記事

桜が食えるか、犬を食う(ホームレスとフランダースの犬の主人公ネロの共通点と差異)

2016/04/21   エッセイ, 日常

桜が咲くと、人が群がる。肴に酒にと抱え込んで、宴が始まる。毎年のことであり、別に ...

日課は自画像、プラス牛丼。

2012/03/22   エッセイ, 日常

今日の自画像、なんだかとても性格が悪そう。すごく狡猾そう。実際のところは、まあ各 ...

動物園と一皮むける

2009/09/10   エッセイ

なんかいやらしいっぽいタイトルつけちゃったけど全然そんなんじゃないから。そんなん ...

売るという行為

2008/08/25   エッセイ

その袋、飲み屋のお土産に見えるかもしれないね、と、笑い合う。 お寿司かもしれませ ...

知らない人たちに向けて

2008/06/28   エッセイ

今日はホームページを作り変えようかなあ、なんて思ってパソコンをぼちぼちいじってた ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2024 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.