美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

全瞬間をそれくらい喜べたら

    2017/08/22

決してしょうもない人生にはならないはずだろう。

その瞬間を超えて、1時間たち、2時間たち、ハイテンションにけだるさが混ざりはじめて。

でまあ、僕は結局ジャンプなんかしなくて、絵も描いてなくて、池袋のとあるお店でカウントダウンパーティーとやらに参加していた。生まれて初めてのいかにもなカウントダウン。ああいう場面を、僕はテレビ越しにしか見たことがなかった。意外に悪くなかったな。少なくとも、空しくはなかったな。うん、その場に居合わせた皆さん、どうもありがとう。

よし、じゃまあ今年は張り切っていくか。書き初めではないけれど、墨汁でビシバシやってみるとするか。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

誕生日!誕生日!誕生日!

2012/03/30   エッセイ, ブログ

どうもどうも遅くなりまして申し訳ありません。いつもお昼ごろに更新されてるんだよね ...

夢中になって読めるもの

2012/11/02   エッセイ, ブログ

今朝、家を出がけにポストを見ると一昨日注文した「消された一家—北九州・連続監禁殺 ...

雨と祭りと通行止め

2008/08/24   エッセイ

今日は雨にもかかわらずたくさんのご来場ありがとうございました。 人がたくさんでギ ...

大人と空白

人には青春時代というものがある。それはだいたいにおいて友人で彩られる。 ひとりか ...

残された理由

2016/03/07   エッセイ, 日常, 食べ物

たまに、人がごはんを残しているのを見かけることがある。 それは、トンカツのキャベ ...