全瞬間をそれくらい喜べたら

  2017/08/22

決してしょうもない人生にはならないはずだろう。

その瞬間を超えて、1時間たち、2時間たち、ハイテンションにけだるさが混ざりはじめて。

でまあ、僕は結局ジャンプなんかしなくて、絵も描いてなくて、池袋のとあるお店でカウントダウンパーティーとやらに参加していた。生まれて初めてのいかにもなカウントダウン。ああいう場面を、僕はテレビ越しにしか見たことがなかった。意外に悪くなかったな。少なくとも、空しくはなかったな。うん、その場に居合わせた皆さん、どうもありがとう。

よし、じゃまあ今年は張り切っていくか。書き初めではないけれど、墨汁でビシバシやってみるとするか。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

人間の検査

全員が同じ服を着ている。 安っぽい薄紫色のジャージ。若いのも老いたのも、女も男も ...

欲しくて死にそう

2018/10/25   エッセイ, 日常

前に中国で、ある少年がiPad欲しさに肝臓を売ったという話があった。 文字通り「 ...

エロ本は、茂みにありて拾うもの、そして悲しく濡れるもの 【中編】

昨日も今日も精神状態および多忙のため執筆がはかどらず、中編を設けてしまいました。 ...

ダイエット、自分磨いてどこへゆく

2012/08/14   エッセイ, ブログ

一句読んでしまった。季語はないが。 人は危機感によってしか動かないものだと痛感す ...

そこで倒れ、そこで死す

2012/04/23   エッセイ, ブログ

突然ひとが倒れ込んだ@華の金曜日の小田急線成城学園前。ひとが倒れた、と、悲鳴にも ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.