不安を餌に

  2017/08/22

画像は母が送ってくれた4Lボトルのイモ焼酎。これが4本送られてきた(イモ×2、麦×2)。合計で12L。母は僕をアル中にしたいのか、食料は送らないくせいに酒だけは気前よく送ってくれる。そんな母曰く「食べ物の好みはわからんけど酒ならわかる」らしい。まったく、「は?」という感じである。

それでまあ早速飲んでみる。僕は酒好きには違いないので。

近頃は甲類ばかり飲んでいたせいか、乙類の芋焼酎がやたらとうまく感じる。なんていうか、まろやか? 大地の味、自然の恵み? 味覚音痴だから自信はないけれど、すごくうまいなあ、と思いながら杯(コップ)を重ねて一人酔っ払う。

それから酩酊した頭で4Lボトルは一体どのくらいの期間で無くなるのだろうと考えてみる。一週間に1Lも飲むだろうか?一人では、まさかそれほどは飲まない。一応、アル中ではないので。

となると、まあ、早く見積もっても2週間くらいだろうか。となると、一本を消費するのに2ヶ月ばかりかかり、×4であるから8ヶ月は持つということになる……そんな計算をして、少し豊かな気分になる。貯金が最たるものだろうけれど、蓄えはヒトを安心させてくれるものなのだなあと、金ではなく酒で思う、25の冬。

そうそう、来月は僕の誕生日だ。3月29日という、滑り込みセーフのような誕生日。
語呂合わせは「醜い」日で、そう説明すると、大抵のヒトは失笑して、僕ははにかんで赤面する。

ついでに免許の更新をしてください、という通知が来てたりして、もはやバイクも何もないし、更新なんて面倒くさいだけだなあと思う。まさかペーパードライバーになるとは夢にも思っていなかった、福岡在住の五年間。

東京に住んでいたあの頃、という日がくるのだろうか。そしてその時、僕はどこにいて、どんな気持ちで東京の空を懐かしむのだろう。でも、そんな日は必ず来るのだろうと漠然と思う。今はうまく想像できないけれど。

同様に若さを懐かしむ日もきっと来る。それは、少し恐ろしい気がする。かの楊貴妃が、若さを保つ為に若い女を集めて殺しては生き血を浴びたりすすったりしていたという話も、老いの恐怖の前では至極自然なことのようにも思われる。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

アメリカで家を借りるまでの話(後編)

2019/04/23   アメリカ, エッセイ

『アメリカで家を借りるまでの話(前編)』はこちら 四件目はゲートコミュニティ*に ...

てんてんどんどんてんどんどん

2008/08/22   エッセイ

早くもフェードアウトな画像ですいません。 昨日は平日にも関わらずたくさんのご来場 ...

欲は彼方に飛ばして我先に走れ

2007/12/01   エッセイ

というわけで今日からでした。誰もこんやったらどーしようと樋口と頭かかえてたりした ...

過去といまと未来は陸続く。

2012/03/31   エッセイ, ブログ

もしかすると常識なのかもしれないのだが、いまさらながらポップアートの定義を知った ...

一杯目はビール、という民族

2012/08/29   エッセイ, ブログ

昨日は帰って絵の制作1ゲーム、今朝は寝坊して5時に起きたが1ゲーム。一日朝晩2ゲ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.