それぞれが演じて渡り歩き

  2017/08/22

今日は実に天気がいい。良い天気というのは実にいいものだ。しかし何故だか、晴れに鍋は似合わない。今日はお天気だから鍋にしましょう、とは思わない。少なくとも僕は。晴れに似合うのはカレーとケイン小杉である。岡本太郎とか、太陽の塔とか作ってるしいかにも太陽が似合うだろうと思われるけれど、芸術家特有というのか、どこか湿っぽい気配が拭えないので晴れの人種には入れない。

暗く寒い夜道。唯一吐く息だけが白く光を放つような時に、ああ、鍋をしよう、もしくは鍋がしたい、と思う。

自分は自由に生きている、なんてことをよく言うしよく思うけど、実際どれだけ自由になれているのだろう。天気で食べたいものやしたい事が左右されたりする時点で、とても自由とは思えない。天気は誰かではないから、自由不自由とかの対象とはならないのかもしれないけれど、天気の影響力は絶大だから、それをカリスマ的な力を持った誰かとしてもそう問題はないんじゃないか。お天道様とも言うじゃないか。

一つ言えるのは、生まれてこの方、誰かに影響されなかった日はない。影響されて生きることしかできない、というか影響されてしか生きたことがない。

影響されずに生きる、完全に遮断されて、なにものからも影響を受けない状態、を想像してみる。それは透明で、空気も何もなく、寒い暑いの温度さえもなく、自分の心臓の鼓動さえもない。もちろん血液も流れない。となると自分なんて居るはずもない。

今日もみんな生きてるみたいだ。僕はどこまでもその中のひとりらしい。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

ART DIS FORのホームページを

2008/12/17   エッセイ

リニューアルしました。いや嘘、全然リニューアルじゃない。次回の展示の情報をアップ ...

習慣が僕らの性癖を作ったのだ

2008/02/15   エッセイ

今日はまだ一度も外に出ていない。カーテンすら開いていない。それで、光は蛍光灯と白 ...

いとこの結婚式に行った、の巻

2009/04/18   エッセイ

広島に帰ってきたのはそのためである。 22才 ?だったか新郎新婦がやたら若くて、 ...

気分はなまもの、くさるもの

2012/10/02   エッセイ, 日常

昨日は中華料理の調理実習。鶏のから揚げと海老のフリッターと高菜チャーハン。 レモ ...

肩肘張って笑う癖

2008/01/16   エッセイ

昨日からなぜだか昔のことが書きたい気分。と、それよりなにより今日は1日眠くて仕方 ...