美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

こするように削る午前二時

    2017/08/22

F1000675.jpg

ようよう例のロゴの顔がなんとかなって、ストレス解消にとさっそく自分の絵を描き始めた午前二時、いや、ほんとは一時くらいだったけど、まあ、二時に。
プロジェクターでキャンバスに図像を投影して、“三千円の”シャーペンでアウトラインをなぞってゆく。三千円のシャーペンは僕のお気に入りで、やたらと道具にこだわるのは僕の性癖で、しかもコレクター的な性癖もあり、ステンレス製の物差しなど1メートル、60センチ、30センチ、15センチ、と各サイズを持っていて、場面場面に最適な長さのものを選んで使う。
僕は道具で悦に入る。
しかし恍惚となったのはシャーペンでなぞり続ける図像、その感触で、キャンバスの目が紙ヤスリのようになりながらカリカリカリカリガリガリガリザザザザザザ、とかいう音を立てながらか細いきゃしゃな線を刻んでゆくのは、なんともいえず僕にプリミティブな喜びを与えてくれるのであった。
ああ、絵が好きだな、というか、絵を描くのって楽しいな、と十秒くらい感じて、しかしそんな爽快な感覚はすぐに雲散霧消して、時刻は3時を回っていた。
こんな生活を、ぼくは何と呼ぼう。

新宅 睦仁

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家。美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

人に生まれたからには愛に死ね

先日、結婚をスペックで語る記事を読んだ。 スペックという単語は、主に工業製品の性 ...

高円寺最高

2009/06/26   エッセイ

この特盛りのどんぶりを見てくれ。今にもあふれんばかりではないか。実際れんげでこれ ...

なにもかも、消え、去る。

昨日、ある知人と連絡を取った。ひさしぶりに飲もうかという話だったのだが、しかし、 ...

歯が砕けちゃったけど、何か?

2009/07/11   エッセイ

お昼ごはんに焼きそばとビールを食べた土曜の午後。昼寝をした。そしたら夢を見た。 ...

説明はいらない

2009/07/10   エッセイ

画像の大竹伸郎著「ネオンと絵具箱」より引用。 「画家」になるというごく個人的かつ ...