美術家シンタクトモニによるブログ。エッセイや社会コラム、アート/美術など。ブログ開始10年目の三十路の暮れ。

ものは言いよう

   

デブを恰幅のよさとして、ブスを個性だという。あるいは鈍いのを落ち着きと表する。

まことにものは言いようで、白が黒に、天が地にもなる。

それでもこの世には安易に言い換えてはならない表現というものがある。出産で赤ん坊をガキ、葬式で亡くなられた方をシタイ、それにいくら老いても母をババアなどと言ってはならないのだ。

しかし現代、畏敬や尊厳なんかよりも重視されるのがわかりやすさである。それは人類史上最大のベストセラーである聖書も例外ではない。

ここでひとつ、聖書にある一節を引きたい。イエスが弟子を連れて高い山に登ったところ、彼らの目の前でイエスが光り輝き始めたという場面がある。

まず、旧来の口語訳で読んでいただこう。

その衣は真白く輝き、どんな布さらしでも、それほどに白くすることはできないくらいになった。

マルコによる福音書9章3節(日本聖書協会ホームページより)
https://www.bible.or.jp/read/vers_search.html

ふつうの頭があれば、十分に理解できるのではないだろうか。「布さらし」という表現に若干のわかりにくさはあるかもしれないが、それでも語感から漠とした清らかな川、そこで布を流すように洗い、透明な日光にさらす美しいイメージが浮かんでくる。

それが今年発売された現代訳では、先の箇所が以下のようになる。

その服は非常に白く光り、この世のクリーニング屋では、とてもできないほどの白さであった。

マルコによる福音書9章3節(新約聖書 現代訳 改訂新版 Kindle版より)
https://goo.gl/zVz48m

わかりやすい。それだけは確かだ。しかし、これではもはやクリーニング屋か洗剤のCMである。かようにものは言いよう、伝わればいいというものではない。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をモチーフに作品を制作している。また、本ブログを中心に文筆活動も精力的に行う。無類の居酒屋好き。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

旅は道連れ世は情けって何なのか

2009/04/19   エッセイ

弁当が好きだ。新幹線の中で食べる弁当は格別なのだ。乗車してすぐに食べたい気持ちを ...

途方もない

2008/06/17   エッセイ

あーもう、って根本的に書き換えてしまいたいような時がある。それはもう、すべてを。 ...

覚えとけよと井戸の中

2007/12/22   エッセイ

僕の血筋の特徴が判明。みんながみんな「くどい」。説明過多で同じことを何度も言う。 ...

人はなぜ怒り、憎み、苦しむのか

2010/06/15   エッセイ

はい、またしても絵の話ではありません。そしてタイトルが重すぎてかったるくてすみま ...

「くたばれ東京藝大」展の顛末

2009/01/04   エッセイ

ART DIS FORの新春初仕事はくたばれ東京藝大展の作品送付とあいなりました ...

PAGE TOP