人生を消費する

なにを話したか、かいつまんで言いますと……

若い頃は時間は無限にあると思っていたが、人生も半分ほどを過ぎて、人生は有限で、だからこそ「消費する」という感覚が強くなってきた。その感覚は執着であって、流れゆく、溶けてゆく限れた時間を、無理やりに有意義な、価値あるものにしようとする詮無いあがきのようにも思える。とかいう話し。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.