バカなんじゃないかと思う

たまに、こいつバカなんじゃないかと思うことがある。

それは彼や彼女の振る舞いだったり発言だったり、あるいはそもそもの存在だったりする。

他人をバカだとかアホだとかカスだとか死ねだとか生きる価値ない消えろクズだとか、そのように断定するのは傲慢で蒙昧だという向きもあろう。

しかし、この世には真実、絶対に、天地神明に誓ってこいつはバカなんだということがあるのであって、そんな時にわざわざ己を省みる必要など毛頭ない。そいつは本当に冗談抜きで見事なまでにバカだからである。

とはいえ、はっきりさせておかなければならないのは、バカに罪はないということだ。バカであることは、いわばDNAのようなものであって、本人の意志や努力でなんとかなるものではない。それはただひたすら純粋にバカなのだ。それ以上でも以下でもない。

断っておくが、私は一切の差別を否定する者である。レイシズムなど論外だ。すべての人間は生まれたままの、ありのままですでに完成されている、そしてなにより美しい。そこで白い肌を求めて整形を繰り返したマイケル・ジャクソンなんかはあまりにも悲しい。それはバカが頑張ってバカでなくなろうとしたに等しい。天に唾するとはこのことだ。

バカなのに。バカはどこまでいってもバカなのに。自分以外の何者かになろうとする行為は、一切が虚しい。

黒人だろうが白人だろうが黄色人種だろうが、それはただの生物学的事実に過ぎない。優劣も上下もない。空は青く、海は深く、風は吹く。そういう、あまりにも自然で、ニュートラルなことだ。

バカと出会い、バカと気づき、バカと思う。いいも悪いもない。あまりにもナチュラルな当然の認識でしかない。

つい昨日も、こいつバカなんじゃないかと思った。それはもう、バカで、バカで、360度どこから見てもまごうことなきバカなんだ。いやあ、これまた立派なバカ、素晴らしきバカ、頭が下がるバカだなあと。

そういう時って、なんというか、こう、雄大な自然を眺めるような癒やしがあって、いうなれば世知辛い世間のオアシス、思わずほっこりしてしまう。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

外で飼う犬、内で飼う豚

2008/07/08   エッセイ

朝起きて絵を描いていると、ふと鮮やかにどこかのフェリー乗り場を思い出す。 どこか ...

あなたの存在意義

祖母がオレオを食べている。それは三時のおやつで、しかし入れ歯には固く、難儀そうに ...

わたしという存在が母から千切れた日

小難しく書いたが、単純に誕生日です。2014年の3月29日で32歳になりました。 ...

chim↑pomと奈良美智の違い

2009/03/18   エッセイ

って、タイトル銘打ったけど別に作品についてを語ろうというのではまったくない。 最 ...

オランダで家を探して見つけるまでの話(5)

「あなたは仕事で使うんでしょう? いくら値段が上がるかわかったもんじゃない] 光 ...