疲労の色の、いろいろ

  2017/08/22

疲労の色が見えるとか、濃いとか、隠せないとか、言う。

今日、「お疲れなんじゃないですか?」と言われた。立場上からして決して心安くない人からの言葉だったので、よほどのことであろう。そう、言われるまでもなく、確かに私は疲れている。

しかしそれは、実際のところ疲労というよりも苛立ちである。生きていて、ばかばかしいことをやらされるほど疲れるものはない。だから私は疲れている。

とはいえ、誰に文句を言うわけでもないし、そもそも言える立場でもないので、心の中で中指を天高く突き上げる、あるいは親指を地中深く突き刺すだけである。それが社会人というものである。

近い将来、私はここを去る。そう決めてから、一段と苛立ちが強くなった。未来などないのだから、うまくやる理由は何もない。残りの期間を、ただ黙々とやり過ごすだけである。

旅の恥はかき捨てというのと似ている。誰かと二年、三年と付き合わねばならないからこそ、人はそりの合わない人ともうまくやろうと立ち振る舞う。もう二度と会わないとなれば、そんな気持ちはたちまち瓦解する。

仕事での人間関係なんてのはそんなもので、利害関係が取っ払われれば、あっけなく離散してちりぢりになる。往々にして仕事人間の老後がさびしいのは、その金や地位で繋がっていた関係性を、真の関係だと思い込んで生きてきたせいである。

仕事とは嫌なものである。いや、正確には賃労働、いわゆるLaborほど嫌なものはない。金のための労働は、人生の切り売りでしかない。まったくそれは字義通り切り売りであって、そうして己が擦り切れてゆくのは道理である。

35歳、人生も折り返す、これからの課題。いかにLaborを減らしてWorkを増やしてしていくか。世の中、春を売るばかりを身売りと言うのではない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

思い込まない理想

2008/03/28   エッセイ

電車に乗り込み颯爽と上着を脱ぐ青年。湯気こそ立っていないが上気している空気が鬱陶 ...

心配に

2008/04/16   エッセイ

なってきた

かすみを食って、あの世では。

昨日も食って、今日も食い、来る日も来る日も何かしらを食っている、われわれは。 い ...

その道の人

音楽を作ってもらった。いや、曲を作ってもらったというほうが正しいのかもしれない。 ...

雨です

2008/04/12   エッセイ

しかし、今日の降水確率は低めです。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.