ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

あまりにも有名なスピード

  2019/11/17

元スピードの一人、今井絵理子が内閣府政務官に任命された。

スピードといっても今の若者は知らないかもしれない。90年代を代表するアイドルグループで、とんでもなく売れて、ばかみたいに流行った。いつの時代にもアイコニックな存在がいるが、まあそういう類である。

そのメンバーの一人が、今月13日付で内閣府政務官になり、防災や原子力など17分野を担当することになった。べつに頭脳派アイドルグループとかいう設定で売れていたわけではない。その意味ではいたってノーマルである。

それは沖縄の基地問題について聞かれた際、「これから勉強していきたい」と答えたことからもわかる。小学生からアイドルをやっているから、勉強する時間もなかった。

彼女が選ばれた理由がわかる。彼女が持っているのは知名度ただその一点であって、それ以外なにも持ってない。しかし現代、なんでも「要するに」とざっくりまとめて一言で済ませようとする世界で、知名度以上にわかりやすい要素はない。

彼女を重要なポストにおいた今回の人事に批判の声は多い。しかし、政治家が特別に愚かなのではない。そもそもの我々が愚かなのだ。

福沢諭吉が「学問のすすめ」の中で言っている。

愚民の上に苛き政府あれば、良民の上には良き政府あるの理なり。ゆえに今わが日本国においてもこの人民ありてこの政治あるなり。


引用元:『学問のすすめ』福沢諭吉(青空文庫)

要するに愚かな国民の上には悪い政府が、賢い国民の上には良い政府があるということ。いくら政治を嘆いても、彼らを選んだのは他でもない我々である。

愚かな我々は知名度に弱い。だからスーパーなんかでも、ついキューピーのマヨネーズを、エバラ焼き肉のタレを、丸美屋のふりかけを選んでしまう。中身なんかろくすっぽ見ずに、ただ知っているというだけで。

だから彼女は選ばれた。ふりかけと同じノリで、なんとなく。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

ミサイルに言って聞かせる

2017/08/29   コラム, 時事問題, 社会系

性懲りもなく北朝鮮がミサイルを発射したらしい。しかも今回のは日本の国土の上空を通 ...

コロナウイルスという天罰

2020/03/11   コラム, 時事問題, 社会系

まず断っておくが、私はコロナウイルスについてのまともな知見は持ち合わせていない。 ...

感受性という器官(若さと老いについて)

2016/04/08   エッセイ, コラム, 書評系

サマセット・モームの【読書案内―世界文学 (岩波文庫)】を読み返していると、何の ...

携帯電話に食い尽くされる日々(スマホやSNSによる人生時間の浪費)

最近、携帯電話を持たないようにしている。電源を入れないとかではなく、そもそも家に ...

フリーター、野宿者、そして衰退する日本(4)

昨日は朝晩と2ゲーム行った。ゲーム、というのは、例のタイマーをセットして1時間集 ...