ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

アメリカとID

「二十歳以上ですか?」と尋ねられることはもうない。顔を見れば馬鹿でもわかる。どこから見てもおっさんだ。

しかしアメリカでは、しばしば聞かれる。酒を買う時、酒場に入る時、あるいはタバコやマリファナを買う時も必要になる。

そのたびにID(免許やパスポート)の提示を求められる。パスポートしか持っていない私にとって、それがとてもわずらわしい。観光客じゃあるまいし、パスポートを持ち歩くのはリスクでしかない。そもそも見りゃあわかるだろう。この哀愁が思春期にあるものか。

それでも問答無用で、未成年ではないか――正確には21歳以上――が確認される。たまに何も聞かれないこともあって、その時は、(こいつは見る目がある、偉い)と思う。またある時は、居酒屋でIDを持っていなかったが、必死でおれは37歳の中年で決して未成年ではないと主張したところ、折れてビールを出してくれた。

しかし基本的にIDは必須だ。アメリカ人に聞いたところ、それは法律で、確認を怠ると企業に罰金を課せられるのだという。たとえ老人でもIDを提示しなければならない。

ちょっと阿呆くさい。ルールの形骸化は日本人の十八番だと思っていたが、そうでもないらしい。人を見かけで判断しないという考えをつきつめると、そうなるのかもしれない。

一方、日本は人を見かけで判断する国である。だから日常の中でIDを求められる場面はほとんどない。求められるのは不審者くらいのものである。

だとすれば、アメリカでは「他人は基本的に不審者」なのだということに気がつく。不審者ばっかりだから、自分の身は自分で守らねばならない。その延長線上に銃も出てくる。

そんな国と違って日本では他人を信用しているのかと言えば、そうでもない。単に「普通」というモノサシが幅をきかせているだけである。普通は皆がんばってこの普通の枠内に収まろうとするから、そこからはみ出すような者、つまり不審者は目立つからわざわざチェックするまでもない。

もちろん普通なんていう基準は偏見と紙一重ではあるが、日本人であればみな知っているし、信奉さえしている。だからいまだそれは有効で、絶対的だ。

こうしてみると、確かにアメリカは自由の国なのかもしれない。偏見を持たず、みなフラットに、平等に扱う。そう、私はあなたを知らない。だからIDを見せてほしい――。その行為にわずらわしさばかりを感じていた私は、あまりにも日本人だった気がする。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

財布を無くした( 過去形)

2008/12/18   エッセイ

この焼酎のせいだ。樋口と二人で一リットルは飲んでしまった。おかげで僕は記憶がない ...

目をつぶれない速度

2008/05/06   エッセイ

ようやくの晴天。洗濯をめいっぱい干して、怠惰な昼寝を満喫。それからようよう起き出 ...

欲は彼方に飛ばして我先に走れ

2007/12/01   エッセイ

というわけで今日からでした。誰もこんやったらどーしようと樋口と頭かかえてたりした ...

夢はうなぎのよう

今日からアートフェア「ART FORMOSA 2018」が台湾で始まる。 画像は ...

かつて日の目を見たかった

2009/01/24   エッセイ

僕ら(新宅睦仁と樋口師寿)の未来が動き出した。 大げさかもしれないけれど、そう思 ...