浮かび浮かばせる手

  2017/08/22

居酒屋に一人で来た女を見た。場末な雰囲気も漂うしみったれた居酒屋で、ギャルと呼んで差し支えない容姿をしたその女は、ひどく浮いた印象を周囲にまき散らしていた。

女は大将といかにも心安い感じで話しはじめた。自然と耳に入ってくる会話の断片から、女はバイト帰りなのだとわかった。なんのバイトをしているかまではわからなかったが、とにかくは女はその居酒屋を心から気に入っているようだった。

女が大将に聞く。
「バイトは取らないんですか?」「前は取ってたんですよね?」「えー、働きたいのに」

見てくれだけで蔑めば、ギャルの発言にどれだけの信用がおけるのかははなはだ疑問ではあるが、少なくともその発言は本心のように思われた。

僕は一人ではなかったので、酩酊とともにその女の存在を忘れていった。

しかしなにやらモノを食べ始めた女の動きが視界の端をよぎって、僕は今一度女を見た。

ほんの一瞬、チラと目をやっただけなのに、僕は女にある違和感に気づいた。

箸でサラダか何かを食べているようだったのだが、その箸を持つ手がとてもおかしかった。外人の持つチャップスティックのようでもあり、幼児の持つ箸のようでもあった。その持ち方では空豆一つ口に放るにも、串刺しとせねばならないだろう。

それを見た瞬間から、ギャルにある華やかさというか、こけおどしとはいえ派手に飛び跳ねるような生活、性格、のようなものが、一気に悲しげなものに感じられて、なぜだか哀れにも思われた。

そして誰ともわからないが、女はどこにいっても疎外されるような、辛い人生を送っているのではないかと、僕はまったくの下世話な想像をしてしまっていた。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

ものは言いよう

2017/12/29   エッセイ, キリスト教

デブを恰幅のよさとして、ブスを個性だという。あるいは鈍いのを落ち着きと表する。 ...

その先で眠る期待

2008/11/12   エッセイ

背後ではナメック星とか悟空とか懐かしいとかいって楽しげに話す女の子たちがいる。 ...

歯痛悶絶日記(3)〜義理人情忘れセカンドオピニオン

日を改めて治療しましょうとは言ったものの、医者は次回の診療予約を促すでもなく、ぼ ...

滑車おちる草原

2008/07/22   エッセイ

とうとう手を出してしまった。日々マメさと料理のレパートリーを地味に強化してきたが ...

ひさしぶりすぎて

2010/11/04   エッセイ

なんかごめん。 誰にってわけでもないけれど。 二日連続で、お風呂場でおぼれかけて ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.