当てにしないこと/ならないこと

  2017/08/22

一昨日、台風が発生した。天気図を見ると、まさに日本縦断の様相を呈していた。「明後日の通勤時間帯に直撃だよ」と、うんざりしたように上司が言った。私は特に意味のない有給を翌日に申請していただけに、明後日にすればよかったと、すこし悔やんだ。

そして直撃となるはずだった今朝、どうして窓外は穏やかであった。おかしいなと思い、ネットで『台風』と検索した。出てきたのは進路も何もない白紙のような天気図で、そこにいかにもばつが悪そうに『台風13号は温帯低気圧になりました。』と断りがあった。

そういうこともあると言えばそれまでだが、しかし、私にはそのことが妙におもしろく感じられた。この「おもしろい」というのは興味深いという意味であって、たとえば一寸先は闇とか、万事塞翁が馬とか、その種のことである。

人間生きていると、先のことがすっかり見通せてしまうように感じられる時がある。同じような毎日が延々と続き、今日という日は死に至るまでの一通過点でしかないように思われて、飽き飽きしてうんざりするのである。

とはいえ、実際それはひとつの真実で、よっぽどの馬鹿でなければ三十路の半ばも過ぎれば先のことはだいたいわかるものだと、私は思う。二十歳そこらの若者ならいざ知らず、真新しく熱い夢を語るオッサンなど滅多にいないのがその証拠である。

別に夢を見ることばかりがすばらしいわけではないが、少なくとも「夢がない=現状維持」ということは言えるのではないだろうか。しかし、どんなことにしろ現状維持というのはあり得ないことで、それは暗に下降をはらんでいる。

誰しも避けては通れない体力や気力の低下を考えればわかることで、若い頃と同じことをしていたのでは、以前と同じような〈快感〉や〈充実感〉は得られないのである。むしろ、以前の何倍も頑張って、ようやく同程度のものになるのである。

つまり、歳を取れば取るほど、色んな意味でもっと頑張らねばならないのである。さもなければ、人生はどんどん小さくつまらないものになっていく。他の人はどうか知らないが、実際、私はそのように感じている。そのことはごまかしようがなく、だから私は、有り体に納まりつつある自分の人生に揺さぶりをかけようと思う。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

湯けむり殺人事件が大好きな日本人(のんびり骨休めに忙殺される旅)

2016/04/27   エッセイ, 非日常

朝の4時、白濁した温泉に首までつかっている。空にはまだ星のいくつかが居残っている ...

母なるものへ

べつに頼んで産んでもらったわけじゃなし、感謝する必要なんてないと思うわけ。あ、母 ...

人はなぜ怒り、憎み、苦しむのか

2010/06/15   エッセイ

はい、またしても絵の話ではありません。そしてタイトルが重すぎてかったるくてすみま ...

欲は彼方に飛ばして我先に走れ

2007/12/01   エッセイ

というわけで今日からでした。誰もこんやったらどーしようと樋口と頭かかえてたりした ...

時間と時間のすきま

2008/07/20   エッセイ

ホームページを 全面的にリニューアルしました。次の個展内容もアップしてあるので是 ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.