ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

選別の門(駅の自動改札、空港のゲート、PCのセキュリティソフトから見えてくるもの)

    2017/08/22

朝の改札を、夥しい人が通り抜ける。ICカードをタッチする電子音が、尽きることなくこだまする。私もその音のひとつとなり、ピッ、と鳴らして通過する。

この光景を眺めていると、決まっていつか受けたIT研修を思い出す。アンチウィルス、いわゆるセキュリティソフトの仕組みが、まさに改札に例えられたのである。

インターネットに接続すると、膨大なデータがPCに流れ込む。有益なものばかりでなく、その中にはウィルスやスパイウェア等の害を及ぼすプログラムも潜んでいる。それを選別するのがセキュリティソフト、駅でいう改札というわけである。乗降駅でちゃんとタッチされているか、残高は足りているかと、もろもろの検査をするのと同じなのである。

そのような仕組みである以上、セキュリティソフトをインストールすれば多かれ少なかれ速度は遅くなる。誰しも一度や二度は、前の人がピポーンとエラー音が鳴って改札が閉じ、つんのめりそうになったことがあるだろう。ひとりひとり検査をすればこそ、遅滞は避けられないのである。当然、それは検査の厳しさに比例する。

殊に空港で待たされるのはそのせいである。刃物やライターは持っていないか、ペットボトルの中身は本当にただの飲み物かと調べ上げる。その厳しさのせいか、単にとろいせいか、私などは気をつけていても毎回なにかしらで引っかかり、後続から白い目を向けられてしまう。

つい先日、秋田行きの飛行機に乗ったときもそうだ。金属探知のゲートを抜けると、間違いを指摘されたというよりも、何かに正解したという方がしっくりくるような音が勢いよく鳴った。何かお持ちですかと尋ねられ、ジャラジャラと鍵束を持っていたことに気がついて取り除く。しかしまだ鳴る。胸ポケットに携帯電話が入っていたのだ。

そしてようやく通過できたのだが、ちょっと考えてみると、世の中には至るところにこのような可/不可、適格/不適格をジャッジする〈選別の門〉があることに気がつく。

学校に行けば仲間に入れるか、受験ではどのくらい勉強ができるか、就職では会社に入れる価値があるかどうか。そのような数え切れないほどの〈選別の門〉を、激しくすり切れるほど通過して今があるのである。あるいは爪の形、ホクロの数さえも選別の対象となってーー誰しも毎日のように他人の好悪という基準の選別を受けているーー各々の人生を右往左往させてとめどないのである。

それこそ無限にあるような〈選別の門〉を通過し続けなければならない人の一生を思うと、どこか大気圏に突入してバラバラになる人工衛星のようにも見えてくる。古代遺跡から発掘される彫刻の手や鼻の先が欠けているように、突起した部分から真っ先に折れて吹き飛ぶのだ。

それはさながら個性や主張を抑えられ、そして社会に適合してゆく老成のイメージである。角が取れ、丸みを帯びて、もっとも抵抗の少ない流線型となって働き盛りを駆け抜けてゆく。ようやくで老後へ突入してもなお、いくつもの〈選別の門〉が待っている。社会にとって有益かお荷物か、子や孫にとってはどうか、そもそも人間としての存在意義はあるか。ただでさえなめらかな流線型は、いよいよ細く、棒のようになって、線のようになる。そして最後にふっと消える。

どこにでもあり、何の気なしに一瞬で通過してしまう駅の改札に、何らかの意味を見出すのは容易ではない。しかし、それは確かに〈選別の門〉のひとつであり、象徴とも言えるのではないだろうか。いくらたわいない選別でも、門の前後で我々はどうしようもなく何かを違ってしまっているのである。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

焼き殺された音楽の先生は

子供だったぼくにとって、その先生の死は、あるいは他校への転任と変わらなかった。 ...

いつも酔ってるわけじゃない

2008/03/11   エッセイ

早速なのかどうかよくわからないが、色んな不安がボコボコ泡のように次から次へ湧いて ...

右向け右!右ったら右!那須の戦争博物館

2012/11/16   エッセイ, ブログ

先日の旅行で行った那須にある戦争博物館のパンフレット。の表紙が一枚目の画像。 晩 ...

本当には交わらない

2008/06/11   エッセイ

やはり耳がおかしい。最近調べたとこによると、往々にしてストレスが原因であるらしい ...

金のまたの名を自由という

2015/06/30   エッセイ, 日常

今朝、絵を描いていると、ふと思ったので以下のようなツイートをした。 ”時間を買い ...