ART DIS FORのホームページ

  2017/08/22

を少し更新してみた。もちろん絵画焼却画像は毎日更新してはいるのですが。

毎日燃やされた絵が増えていき、当たり前だがだんだんとギャラリー内が焚き火のニオイに侵されはじめている。そのニオイは僕らのノスタルジックな部分を刺激して、僕も樋口もなんだか田舎に帰ったような気分になってしまい、昨夜なんか母ちゃんの話で半泣きになってしまった。酒のせいかもしれないが、故郷はいいものだ、な、と二人してタウンワーク(社員版)をめくったりもした。

絵を燃やしはじめて四日目、最近思う。まっとうな方法と妥当な時間とありふれた情熱で絵画制作にいそしんでいる時よりも、絵画を火にかけている時の方が、ああ、僕は芸術してるなあ、なんて感慨を、強く感じる。

何が大事なのか、絵を描き続けてはきたけれど、絵画を破壊するのは初めてな僕は、否応なく価値観の見直しを求められているのだった。

色、形、マチエール、なんて当たり前に論じられている全てが、自分自身懸命に考え続けてきたスタンダードな方向性が、真の意味で、いま、揺らぎ始めている、そんな気がする。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

前の記事
芸術
次の記事
警察官は

  関連記事

選別の門(駅の自動改札、空港のゲート、PCのセキュリティソフトから見えてくるもの)

朝の改札を、夥しい人が通り抜ける。ICカードをタッチする電子音が、尽きることなく ...

戻らぬことを喜びたい

2008/03/03   エッセイ

というのもせっかく携帯でブログを書いてたのに誤って消してしまったから、それだけで ...

決してプライスレスではない(序章)

2014/05/07   エッセイ, ブログ

軽い二日酔いで目覚めた昨日、GW最終日。 妙にお腹が空いていたので、インスタント ...

レバーペーストを作れる我

2012/08/28   エッセイ, ブログ

もはや残暑ではない。今日は4時に起きて絵の制作を1ゲームしてきた。 昨日は帰って ...

美化運動の必要ない

2008/09/10   エッセイ

下北沢で飲んでその帰り、なぜだかいつもより二時間ほどは早い帰宅で、僕は思い立って ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.