ART DIS FORのホームページ

  2017/08/22

を少し更新してみた。もちろん絵画焼却画像は毎日更新してはいるのですが。

毎日燃やされた絵が増えていき、当たり前だがだんだんとギャラリー内が焚き火のニオイに侵されはじめている。そのニオイは僕らのノスタルジックな部分を刺激して、僕も樋口もなんだか田舎に帰ったような気分になってしまい、昨夜なんか母ちゃんの話で半泣きになってしまった。酒のせいかもしれないが、故郷はいいものだ、な、と二人してタウンワーク(社員版)をめくったりもした。

絵を燃やしはじめて四日目、最近思う。まっとうな方法と妥当な時間とありふれた情熱で絵画制作にいそしんでいる時よりも、絵画を火にかけている時の方が、ああ、僕は芸術してるなあ、なんて感慨を、強く感じる。

何が大事なのか、絵を描き続けてはきたけれど、絵画を破壊するのは初めてな僕は、否応なく価値観の見直しを求められているのだった。

色、形、マチエール、なんて当たり前に論じられている全てが、自分自身懸命に考え続けてきたスタンダードな方向性が、真の意味で、いま、揺らぎ始めている、そんな気がする。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

前の記事
芸術
次の記事
警察官は

  関連記事

腹が減っては戦が増える

2008/04/04   エッセイ

都会の雑踏を肩で風を切って歩く、そしてつくづく思う、イエスTOKYO、異常な街だ ...

忘れかける感覚

2008/01/13   エッセイ

今日は朝からとても活動的。キャンバスを裁断して、どうしようか迷ったもののホームセ ...

高くそびえる自嘲

2007/11/13   エッセイ

あとであとでと思いながら展覧会の額とか作ってたら、今頃になって顔を洗うはめに。 ...

ネオテニー・ジャパンに行った

2009/07/14   エッセイ

樋口が大絶賛してた、ああ名前忘れちゃった、佐藤?なんとかが展示されてる展覧会、ネ ...

ある日、ある時、中目黒。

2009/12/28   エッセイ

つい先日、色々あって中目黒駅に降り立った。訳あって散歩しなければならなかった。ま ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.