健康的な死(死因を老衰とされ自宅で死ねる幸運)

  2020/03/11

とある訃報に接した。享年96歳。死因には〈老衰〉とあった。

私は思わずにやりとしてしまった。冗談みたいだと思ったからだ。それで過去の訃報をひもといてみた。

『80歳、大腸癌肝転移』、『73歳、心不全』、『87歳、 胆嚢癌』、『86歳、小脳出血』――。まあ、さもありなんという感じであった。現代、基本的に人はなんらかの〈病〉で死ぬのである。否、何らかの病でなければ死ねないとさえ言える。

そこにきて〈老衰〉は、なんとも言えず牧歌的であった。あるいは飼っていた金魚がある日ぷかりと浮かんでいたような。その時の感情は、号泣よりもほろりであり、亡くなったというよりも死んじゃったという感じである。昨今の斎場で行われる、色んな意味で華々しいかしこまった葬式が不似合いな、野っ原で薪を集めて荼毘にふすのがふさわしいような雰囲気がある。

それはすべての人にとって、特に老境に差し掛かった者にとっては、ほとんど憧れでさえあるだろう。なんと言っても、日本で老衰で死ねる確率はわずか4.8%なのである。
参照元:「老衰」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2015年12月14日 (月) 07:13 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

幸福の門は狭い。宝くじで300円が当たる確率(10%)よりも断然低い。これから死んでゆくのは特に団塊の世代と呼ばれる人たちであるが、彼らが生きてきた一億総中流の感覚からすれば、これはもうきっぱり「庶民には関係がないこと」だと諦めねばなるまい。

さらによく言われるのは、畳の上で死にたい。そして自宅で死にたいということである。しかし、これまたその願いは高嶺の花と言わざるを得ない。厚生労働省が発表しているデータでは、78.4%が病院での死であり、自宅での死亡はたった12.4%である。
参照元:【在宅医療の最近の動向 - 厚生労働省】http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/zaitaku/dl/h24_0711_01.pdf

つまり、老衰かつ自宅で死ねる確率は悲しいかな約0.6%足らずなのである。まともな人であれば、まさかそんな確率をもとに人生設計などするはずがないだろうが、しかしどうして、幻想にも近いそれを頑なに望む人は少なくない。

四の五の言わずに諦めるべきではないだろうか。現代の食生活や先進医療と自然死は明らかに対立する。豊かで便利な人工的生活を享受するのであれば、やはりそのように不自然に死ぬしかないのである。

そもそも大半のお宅に神棚や仏壇さえもなくなって久しい。我々の住まいには、もはや死人はおろか手指の他愛ない雑菌さえ忌み嫌われ、負の要素、陰気な事物の一切の居場所はないのである。それを追い出したのは、もちろん我々である。我々自身も生きているうちはいいだろうが、例によって追い出されるのは時間の問題であろう。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

春は青から赤く、紫に

2008/01/18   エッセイ

今日は夜にブログ書く時間がなさそうなので、今、午前9時から下書きを始める。まずい ...

コロナ禍の終息を願うは幸福の終息を願うに同じ

すべてのモノゴトには始まりがあり、終わりがある。 この真理に異論のある人はいない ...

偶然に生まれて絶対に死ぬ

2010/04/28   エッセイ

ベーコンスタイルで絵を描いている。つまり写真を見ながら描いている。 なので、いつ ...

ブロックとアタック

ふと気がつけば、Twitterにおいて某氏にブロックされている。 おそらく当方の ...

いつまでも鈍く黄色い

2008/02/05   エッセイ

即座に樋口のマネをして禁煙してみた今日。まー死ぬほど苦しいわけでもない、けれどふ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.