庶民派、東京都知事 舛添要一

  2017/08/22

東京都知事の舛添要一が謝罪会見を開いた。かねてより海外出張費が高額に過ぎると非難を浴びていたが、ここにきて政治資金を家族旅行に当てていたことや、私的な飲食代を計上していたことが判明したのである。

政界の汚職は盗人と同じく、浜の真砂は尽きるとも、である。そうして街角インタビューでは、みな口を揃えてこう言う。「庶民感覚とかけ離れている」。

しかし私が思うのはまったく逆で、彼はつくづく庶民的であったということである。庶民で凡人だからこそ、ちょっと金を使える立場になったが早いか訳もわからず使ってしまったのである。

ふつうの会社員が出張することを考えてみればよい。たとえば、たまたま生まれ故郷に出張があった。ホテルには泊まらず、実家に泊まって親兄弟とゆっくり過ごした。いつもなら交通費だけで数万円は飛ぶところだが、もちろん会社の金である。とはいえ、会社からすればむしろホテル代が浮いてありがたいくらいであり、Win-Winの関係の典型であろう。しかし自営業の人からすればうらやましい限りである。そう、これは紛れもなく職権による利得なのである。

そんなことは誰でもやっていることで、他愛のないことだと思わるかもしれない。しかし、舛添都知事の件は間違いなくその延長線上にある。先の会社員が味を占めて、実家に帰る私用に合わせて、取引先との予定を組む。そのくらいのことは誰でも思いつくことである。

すべてはエスカレートする。家族との食事代を、取引先との会食だとして領収書を切ってみる。はじめこそ罪悪感もあり躊躇もしたが、すんなりと経費で落ちた。あとはそのバリエーションに過ぎない。

だから彼は庶民なのである。人の金でホテルに泊まるのは、得々として楽しかったのである。人の金で飯を食うと、えも言われぬうまさだったのである。

きっと彼は今ごろ、悔いている。いくらなんでもやり過ぎたと、悔いている。我々と同じ庶民感覚で、悔いている。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

居酒屋という異次元(前編)

しばらく、と言ってもたかだか一週間ほどだが、しおらしく自宅で晩酌をしていた。が、 ...

動けなくなるまで動くだけ

2009/06/05   エッセイ

人生、それが人生だ。 昨日は無人島で藤城さんやchim↑pomメンバーと話せて、 ...

美学が溶け出す美学

2008/06/27   エッセイ

ここは渋谷。山手線に電車が入ってきて僕は乗り込む。ドアが閉まりますよとアナウンス ...

無題(ある人のある出来事について)

友達ではなく、知り合いに過ぎない。いや、実際に会ったことはないので、知り合いです ...

どんな絵を描きたいのか

2008/10/19   エッセイ

ARTDISFOR作品コンセプトについてつらつらと書く予定だったけど飽きたのでや ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.