この国で子供はペット

ある芸人の娘が大麻で捕まったらしい。それで父である彼が謝罪会見を開いたという。

監督不行き届きであったと沈痛な面持ちで述べられたのだが、しかし、その娘は子供でない。立派な成人どころかいっそ三十路である。

むろん、親は死ぬまで親である。しかし、決して管理者ではない。

犬や猫ならわかる。それらは所有物であって、一切は管理者である飼い主が責を負う。

思うに、日本人にとって子供はペットなのだ。そう考えると辻褄が合う。

親が悪い。ペットに首輪もリードもつけずにほったらかして。謝れ。管理できないのなら産むな。責任も取れないくせに腰なんか振ってんじゃない。盛りのついた犬や猫じゃあるまいに。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

築くほどにおののくのは崩壊

2008/03/12   エッセイ

ゲロゲロ、とよく言う人がいる。一人は大学からの同級生で、1人は母親だ。 わ、死語 ...

誰のため何のための豆知識

2008/11/28   エッセイ

へぇー、と思ったことは二度は読み返し記憶しておこうと努める、ぼくの性癖。 今日は ...

出会いと別れのくりかえし

2014/01/03   エッセイ, 日常

昨日、ひさしぶりに会った友人――ここでは仮にYさんとする――が離婚することになっ ...

その先を

2008/08/04   エッセイ

まことに脳の髄がキリキリ痛むことの多い土日だった。実に疲れたなあ、というわけで今 ...

コメントに人生が揺らぐよう

2008/10/30   エッセイ

一昨日あたりのブログのコメント欄が炎上した(自分の中では)。 コメント=自分への ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2024 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.