その神の名は私(バングラデシュの首都ダッカでの人質テロ事件について)

バングラデシュで30人あまりを人質とするテロ事件が起きた。約半日後に治安部隊が突入し13人が救出されたが、日本人7名を含む20人の死亡が確認された。

犯行グループが「神は偉大なり」と叫んでいたというから、とにかくはまた例の宗教がらみだとわかる。果たしてイスラム国が犯行声明を出したが、しかし実際はバングラデシュ国内のイスラム過激派組織に属する若者だったという。

真相はさておき、問題はまたしても神の名のもとに殺人が行われたということだ。どうして、この手の輩は決まってエゴイズムの主体であるところの〈私〉を勝手に〈神〉とすり替える。

言ってみれば知りもしないヤクザの名を出して恫喝するのと同じで、つまらない卑怯な臆病者のやり口である。しかも今回に至っては、コーランの一節を暗唱させて、つまずいた者を拷問にかけて殺したというから、イスラムの神に限らず世界中の神様もいい迷惑である。

そんな神があるものか。本当は他でもない自分のことをこそ神だと思っているのを、それではさすがにあれだから、客体化して便宜上〈神〉と呼んでいるに過ぎない。つまり一種のナルシシズムである。

ドストエフスキーの「悪霊」に、『神が存在しないならば私が神である』という一節があるが、神の名のもとに蛮行に及ぶ輩はことごとく先の思想を内蔵している。

そんなものは宗教でもなんでもない。ムスリムの皮をかぶった拙劣な自己アピールである。誰しも神なんてものを引き合いに出されれば神聖不可侵かと及び腰にもなろうが、彼らの叫んだ〈神〉を脚色なく元通りに〈私〉と直せばなんでもない。

神とは本来的に自己との関係性の中にこそ存在する。いかなる神もその半分は自分なのである。それは拮抗こそすれ、まさか殺人などという結論が出るものではない。つまり、あったのはエゴイズムの〈私〉ばかりであって、〈神〉は不在だったのである。

私の、私による、私のための殺人が聖戦になろうはずもなく、まして殉教などあり得ない。議論の余地なく単なる大量殺人である。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

Chim↑Pom(チンポム)の是非-広島のピカッ

まず結論から言うと、ぼくはこの行為は「アリ」だと思う。芸術か否かが議論の中心みた ...

まま袖すり合う知的障害者たちに思う

2014/08/19   コラム, 社会系

ふつうに電車に乗っていた。路線はなんでもいいが、まあ、昨日は東京メトロ銀座線であ ...

Chim↑Pom(チンポム)の行為について

幸か不幸か広島出身なので、今月21日にあったというchim↑pom(チンポム)と ...

WEBとリアルの身体感覚(ネットに翻弄されるデジタルネイティブ世代、あるいはバカッター)

2016/04/18   コラム, 時事問題, 社会系

質問したい。あなたは大学の職員である。学生が不祥事を起こし、懲戒処分の掲示を依頼 ...

東京一極集中と地方の衰退

私は、一地方都市である広島県の広島市に生まれ育った者である。 ところで、先日以下 ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.