その人と作品は別もの(ゲスにファンキー、不倫報道で叩かれる歌々について)

  2016/06/09

今年に入って芸能人の不倫報道が相次いでいる。ここまでくると皆なにがしかのやましさはあって、程度の差で上から順繰りに暴かれているようにも思えてくる。

しかし人間生きていればこそ、ひとつやふたつやましさがあるのは自然で、ことに世に名をはせた者であれば、その浴する光の分だけ陰もまた深いのは道理である。

むろん、おいそれと看過できるものではないが、しかし、世間の叩き方にはどうして嫉妬が透けて見える。舛添要一都知事に対する糾弾もそうだが、他人がいい思いをしているのを、庶民は決して許さない。そして自分たちと同等のレベルに引きずり下ろさなければ頑として承知しないのである。

それが大衆というもので、私もその内の一人だとしても我慢ならないことがある。それは不貞の人となったかの歌はもう聞きたくないという声である。

馬鹿も休み休み言え。要するにそれは、作品と作者の同一視である。作者の人格が作品の質を担保するとは、低俗にもほどがある。しかし同時に、ああそうか、だから日本の文化水準はいつまでも地を這うが如しであるかと納得もした。

古今東西、作家に芸術家、いわゆるアーティストと呼ばれる人の醜聞は数限りない。しかしそれは、決して作品自体の質を押し上げるものでも下げるものでもない。

たとえば小説家の島崎藤村は姪をはらませて国外へ逃亡したし、バロック時代の画家カラヴァッジョは殺人まで犯しているし、ピカソは不倫相手が鉢合わせて喧嘩しているのを尻目に悠然と絵を描いた。

そして現在、彼らの評価はどうだろうか。要するに、優れた作品はひとり歩きする運命であって、作者の人格や素行は一切不問となるものなのである。

ただ、それはひとえに作品が〈優れている〉場合に限るのであって、今回、かの歌が真に価値あるものかどうか私は知らない。しかし、少なくとも作品と作者を混同するような鑑賞態度だけは、相当にゲスだといういうことだけは肝に銘じておいたほうがいい。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

明日みんなで死ねたら

昔、ノストラダムスの予言というのがあった。僕は小学生だった。 1999年の7月に ...

悪のお手本(仮面ライダーに見る悪と正義)

2016/04/05   エッセイ, コラム, 社会系

“人間の悲鳴はいつ聞いても気持ちがいいなあ” 先日公開された、「仮面ライダー1号 ...

フィーリングというオカルト(オンライン英会話に思うこと)

オンライン英会話を始めて半月あまりが経つ。始めた理由は「目指せ海外進出」、これに ...

うたのおにいさんのラリルレロ(元NHK歌のお兄さんが覚せい剤で逮捕されて)

2016/04/22   コラム, 時事問題, 社会系

おそらく、戦後日本で生まれ育った子供で『おかあさんといっしょ』を知らない人はまず ...

きみは「ピカゴケ」を知っているか?(「原爆に夫を奪われて—広島の農婦たちの証言」を読んで)

2012/09/21   エッセイ, コラム, 書評系

紹介せずにはいられない名著に出会った。神田三亀男 編『原爆に夫を奪われて―広島の ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.