美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

十年前と、十年後。

 

私が初めてブログを書いた日から、今日でちょうど10年が経つ。

あのころ、とても10年後のことなど想像できなかった。しかし、想像できようができまいが時間は流れて、人生もまた、ほとんど自分の意志とは関係ないかのように流転した。

十年ひと昔とはよく言ったものだ。そう、ひと昔なのだ。十年という時間は重い。にも関わらず、ふり返ってみるそれはつい昨日のことのように鮮やかで、あまりにも軽い。

十年前にあったものと、十年後のいま、無くなったものがある。列挙すればきりがなく、そもそも歳を取れば誰でも感じることだろうと思うので割愛する。

単純に、良くなったか悪くなったかだけを言えば、もちろん悪くなった。よく、人生は生きている限り可能性があり、心がけ如何で向上していくものだというが、きれいごとも甚だしい。

仮にそうだとすれば、死ぬ間際にもっと涙を流す者があっていい。たかがドミノなんかの大会でさえ、完成間近にへまをして涙する者があるというのに、どうして自分の未完の人生に涙しないでいられるものか。

この世とはよくできたもので、人の一生は日ごとに萎えてしぼんでいくようになっているのである。だから、かつて死というものが漠然とした真っ黒な恐怖でしかなかったものが、死に至るその時分には、どうして納得して受け入れられるようになっているのである。

べつに斜に構えてこんなことを言うのではない。そもそも私が生まれる何十年、何百年も前から古今東西の偉い人がさまざま言っている。イギリスの神学者フラーは『最初の呼吸が死の始めである。』と言い、フランスの劇作家コルネイユは『 人生は一歩一歩、死に向かっている。』と言う。イギリスの作家ガイ・ベラミイに至っては『命とは、セックスで感染した病気である。』とさえ言う。

そりゃあんまりだという向きもあろうが、ひとしきり人生について真面目に考えたなら、早晩そのような結論になるのは必定だろうと思う。

10年前の2007年11月5日のブログ: 願わくば純粋な手作業だけしていたい

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

  関連記事

絵画制作のすすめ

昨日は新宿の「たつや」というゴミみたいな、決して誇張ではなくほんとにゴミみたいな ...

かつて日の目を見たかった

2009/01/24   エッセイ

僕ら(新宅睦仁と樋口師寿)の未来が動き出した。 大げさかもしれないけれど、そう思 ...

とても金曜日らしい夜の空気

2009/05/15   エッセイ

最近そんなに感じなくなってたけど今日は妙に「あー金曜日だなあ」という感じがする。 ...

大人になったという話

2014/06/05   エッセイ, ブログ

大人になりたくないと思っていたが、いつの間にか大人になってしまった。 32歳と言 ...

美術家 笹山直規に頭が上がらない

今夜は待ちに待った、私の師と言っても過言ではない笹山直規氏の展示のオープニングで ...