ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

VOICE GALLERY a3 プロジェクト参加のお知らせ

  2018/07/03

このたび、2015/6/19~2016/6/11までの1年間、京都のMATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w の運営している、「VOICE GALLERY a3 project」に参加させていただくことになりました。

このプロジェクトでは、インターネット上のオンラインショップVOICE GALLERY a3と、実店舗のヴォイスギャラリーの2カ所で、参加メンバー約20名の作品が紹介・販売されます。
参加メンバーは1年間固定で、実店舗のギャラリーでは1作家が1グリッド(50×50cm内)を担当し、日本国内各地をはじめ、海外からも随時届く作品が、各作家1点ずつ展示されます。また、ネット上のオンラインショップでは、公開可能な作品は、常時、閲覧・購入可能な状態となっています。
詳細は、以下Webサイトをご覧ください。
▼VOICE GALLERY a3 project
http://kyotojapan-artnow.net/

▼MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w
http://www.voicegallery.org/home.php
また、これに伴い、時期は未定ですが、京都の ザ・パレスサイドホテルでの個展も予定しております。どうぞご期待ください。
http://www.palacesidehotel.co.jp/art/index.html

 
本プロジェクトにおける私個人の予定としては、最低でも月に1点はF・P・M・S各8号サイズを出品していきたいと思っています。

なお、キャンバスの8号サイズとは以下の通りですので、”ご購入の際の”ご参考までに。
F8号 : 45.5×38.0(cm)
P8号 : 45.5×33.3(cm)
M8号 : 45.5×27.3(cm)
S8号 : 45.5×45.5(cm)
ちなみに、Fとは(Figure)の頭文字で「人物」、P(Paysage)は「風景」、M(Marine)は「海景」、S(Square)は正方形の意味である。美術をかじったことがある人には常識ではあるが、ふつうの人にはへぇー、だろうと思うので、豆知識としてどうぞ。

それはともかく、生まれて初めてのコマーシャルギャラリーとの関わりなので、それはもう感慨深いものがある。このような機会を与えてくださったVOICE GALLERY代表の松尾さんには、この場を借りて心より感謝申し上げます。メンバーに加えてよかったと思っていただけるよう、全身全霊を傾けて頑張りたいと思います。

※ギャラリーに所属するというわけではありませんので、あしからず。私は引き続きフリーとして、24時間あらゆるオファーを募集中です。
さて、行動だけは素早い私は、すでに8号のF・P・M・S木製パネルを各3枚ずつ購入済なので、1年の間に絶対に12点は制作したいと思います。9月の個展やその他の作品も並行して進めなければならないので忙しいのだけれども――というか実際、今までの人生の中で最高に制作予定が詰まっている――これもまた修行、というか幸福というべきであろう。
それでは一年間、社交辞令的な応援、または、本気の応援(ご購入!)のほど、よろしくお願いいたします。
新宅睦仁

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

作家とギャラリーの取り分について

作家の人たちと話すと、たまにこの話題になる。要するに金の話である。 世の中は、何 ...

藝大受験の残骸

全国一千万のファンの皆様方、どうもご無沙汰しております。新宅睦仁です。 ご存知の ...

あいちトリエンナーレのファンファーレ

とある方から、あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」の中止の件に ...

「LIFE feat マクドナルドビッグマック」のコンセプト

【20120503改変版追記:吉野家牛丼:ワンダーウォール出品用作品コンセプト】 ...

グループ展「Art Gemini Prize 2018 Finalists' Exhibition」(ロンドン) 2018/9/25〜9/29

2018/09/05   アート, ニュース

ロンドンのMenier Galleryで2018年9月25日(火)〜29日(土) ...