育ちの問題と定義して

  2017/08/22

F1000196.jpg

不愉快な記事を読んだ。不愉快で頭が熱くなった。
ザックリ要約すると、給食はマズいから廃止にしろ、子供に好きなものを食わせろ、とかいう内容。
嫌いなものを食べさせるのはよくない、とかいう。
その記事へは真面目な書き込みがたくさんあって、廃止賛成の意見も、まあわからないでもなかった。
しかし僕としてはあんなにおいしかった給食に文句をつけるなんて! そんな輩はおからに溺れて死ねっ! と、感情的になってしまうのである。
とりあえず僕が思う理想は、なんでもおいしく食べましょう、ということである。
完全個人的な主観で好き嫌いの多いやつは嫌いだ。あれも嫌いこれも嫌いとかいう奴の顔は馬鹿に見える。IQが絶望的に低いように見えてしまう。少なくとも密室で徐光液使って中毒になるタイプだ。言い過ぎ?いやいや、オーケー偏見、だ。
小学校のとき、クリームシチューが嫌いで食べれなくて居残りしてまで食べさせられているやつがいた。そいつはクリームシチューを一口、口に含んでは水で錠剤のごとく流し込んでいた。給食で居残りなんて、たぶん今なら大問題なんだろうな、なんて思うと時代は流れて変わってとめどないな、というかよくよく考えたらよくそいつはクリームシチューの日に休んだりしなかったなあ、と感心する。意外にもMだったのかしら。
なんだろうな、人が「マズい」という時の顔はひどく醜いと、少なくとも僕はそう感じる。トーストや魚を焦がしてしまったりしたのを食べて「マズい」とかいうのとは明らかに別ものである。
でも、思うんだよ。僕はこうしてギャーギャー言ってるけど、僕のそういう価値基準を作ったのは僕じゃないと。僕は成長していろんな意志を持ったけど、特に食の価値観については僕の意志は皆無に近く、すべて家庭環境なんだろうと。
夕食が何時で朝ご飯はなになにで弁当はコレしかないでしょ、というような価値観は家庭において刷り込まれる。
そう考えると、結論づけると、誰もどの家庭に生まれるかなんて選べないし、今から幼稚園あたりからやり直すわけにもいかないから、やはりいろんな人がいてしかるべきなんだろう。
しかし食の価値基準というのは意外なほど重要なものであり、結婚するときは自分となるべく近い人を選ぶんだろう、というか自分と食の感覚が近い人に好感を抱いてしまうのである。それはほとんど本能に近い。
となると結局はよく言う似た者同士が結婚し、似たような家庭を作り、似たような価値観を持った子が育ち、また似たような人を探す。
そんなことを考えると、とりあえず、戦争が無くなる気がどうしてもしない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

叫んで逃げ出したい時

2009/10/26   エッセイ

そんな時、僕は叫んで逃げ出さない。なんでって、なんでって、なんで? 打って代わっ ...

師匠は走らない

年末だの師走だのと騒がれはじめて一月あまり。 明日からはまた、新年だなんだと再び ...

残された時間の差

2008/07/07   エッセイ

アップサイドダウン。 よくわからんが今ふとそんな言葉が頭に浮かんだ。英語はあんま ...

遠い外国の、海の彼方の、だけどみんな知ってる有名な、パリ。

フランスのパリで、2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、同時多発テロが ...

中年のあぶら

眼鏡が汚れている。拭くとしつこい感じで伸びる。ちょうど料理の油でもはねたような。 ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.