美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

子供はとりあえず産むものである

    2017/08/22

つまり、どこにも行きたくない-DVC00075.jpg

なんか、鳩山が辞任するってことに絡んで、子供手当ての非難コメントがいろいろ載ってた。
いや、ヤフーニュースの話。
あと出生率の低下のニュースもあって、いろいろ書いてあった。
で、気に食わないのが、「こんな不安だらけの世の中に産みたくない」という理屈。
なんかようわからんが妙に腹立たしく感じてしまう。
そもそも今の今まで、我々ぐらいの世代に限らず、団塊にしろなんにしろ、「真に安心な時代」などあったのだろうか。
答えを待つまでもなくそんな時代など無かった。
いつの時代だって生身の人間が見えない未来に向かって挑み生きてきたし、これからもそうするしかないのであって、不安、などという理由で産まないことが正論であるならば、あるいは生きることそのものの放棄とも言えるのではないか。
生きることそのものが不安である。その不安に立ち向かうのに、一人よりも二人のほうが心強いのではないだろうか、ごくごく単純に。
自分の衣服や娯楽を全て切り捨ててでも、産み育てる価値はあると思うのだ、少なくとも僕は。
断っておくが僕はそれほど(たぶん)馬鹿じゃない。不安
や心配だって人並みに、むしろ人並み以上に心配性だ。
しかしそれでも、僕は産み育てよう、というか産み育てたいと思う、って何を熱く語ってんだかようわからんけど、僕は子供が欲しいのだ。いや真面目な話。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

  関連記事

1メートルで終わる

2007/12/21   エッセイ

親近感、連帯感、友情、愛情、そういった湿っぽい感情は、だいたい距離によって消滅す ...

なにもかも思案の外

2007/12/25   エッセイ

あー そうだ、おれブログ書いてんだと思い出した今。 今日は銀行も郵便局もひどい混 ...

歴史はおもしろいかもしれない

2012/03/26   エッセイ, ブログ

画像は昨日のお昼ご飯。ちょっと一杯グラスビールをと思ったらワインまで飲みぐったり ...

一分一秒をばらまいても

2008/02/12   エッセイ

奇形のハトが多い。いや、ハトには奇形が多い、の間違いだ。 こんな切り出しかたをし ...

広がる広がる料理の輪、笑顔の輪

2009/03/27   エッセイ

昨日は東京に雨を降らせてしまって申し訳ございませんでした。どうも、雨男の新宅です ...