美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

子供はとりあえず産むものである

    2017/08/22

つまり、どこにも行きたくない-DVC00075.jpg

なんか、鳩山が辞任するってことに絡んで、子供手当ての非難コメントがいろいろ載ってた。
いや、ヤフーニュースの話。
あと出生率の低下のニュースもあって、いろいろ書いてあった。
で、気に食わないのが、「こんな不安だらけの世の中に産みたくない」という理屈。
なんかようわからんが妙に腹立たしく感じてしまう。
そもそも今の今まで、我々ぐらいの世代に限らず、団塊にしろなんにしろ、「真に安心な時代」などあったのだろうか。
答えを待つまでもなくそんな時代など無かった。
いつの時代だって生身の人間が見えない未来に向かって挑み生きてきたし、これからもそうするしかないのであって、不安、などという理由で産まないことが正論であるならば、あるいは生きることそのものの放棄とも言えるのではないか。
生きることそのものが不安である。その不安に立ち向かうのに、一人よりも二人のほうが心強いのではないだろうか、ごくごく単純に。
自分の衣服や娯楽を全て切り捨ててでも、産み育てる価値はあると思うのだ、少なくとも僕は。
断っておくが僕はそれほど(たぶん)馬鹿じゃない。不安
や心配だって人並みに、むしろ人並み以上に心配性だ。
しかしそれでも、僕は産み育てよう、というか産み育てたいと思う、って何を熱く語ってんだかようわからんけど、僕は子供が欲しいのだ。いや真面目な話。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

こちらの記事もよく読まれています

1さくら水産の品格(ランチ編)

食べ放題は下品である。いや、食べることに限らず、基本的に”際限がない”ということ ...

2美術家になれないあなたは悪くない

最近、SNSで美術大学の是非についての意見が飛び交っている。美大に行く費用を作品 ...

3飽きるとは何か(子供の感性を失った大人の飽きについて)

「悪いな。もう、おまえには飽きたんだ」 昔の安いドラマにあるお決まりのセリフであ ...

4さくら水産の品格(居酒屋編)

大人と呼ばれるようになって十年も経てば、誰しも”酔いどれたい”という日があるもの ...

5作家とギャラリーの取り分について

作家の人たちと話すと、たまにこの話題になる。要するに金の話である。 世の中は、何 ...

  関連記事

その鎖に繋がれたいという欲求

2008/01/21   エッセイ

頭が回らない。眠さとだるさとで、身体はただただ横になることを求めている。 なぜだ ...

メメント・モリ

2008/09/24   エッセイ

僕のごくごく個人的な感傷とロマンから、長らく自室に置いていたじいさんの骨(一部) ...

普通を作った人

2008/06/30   エッセイ

コロンブスの卵の話は、ある意味ケンカ売ってるような話だと思う。 この橋わたるべか ...

作品展示が始まりました

2009/01/13   エッセイ

不親切極まりない気もしますが詳細はhttp://adf.ifdef.jp/にてチ ...

老若の裂け目(電車内でエアギターに興じる彼はたぶんバンドマン)

2015/02/04   エッセイ, 日常

赤いヘッドホンをつけた金髪の若者が、ギターをひく動作、いわゆるエアギターを繰り出 ...