美術家シンタクトモニによるブログ。エッセイや社会コラム、アート/美術など。ブログ開始10年目の三十路の暮れ。

距離をはかる

   

私は中年である。しがないおっさんの人生において何が辛いかって言ったら、自分の理想とする場所と、今いる自分の場所との距離を測ってしまうことだろうと思う。

さまざまな要素――現在の自分の実力、残された人生時間、可能性――あれこれ掛け合わせて、計測する。年の功というやつのせいだろう、その計測眼はいやでも年々精度を増して、自分の身の程をひとり勝手に思い知る。

ときどきは希望らしきものを感じられなくもないけれど、だいたい絶望。それが年中無休、24時間繰り返される。その間、遅々として私の人生は明るくひらけてはくれない。ただ刻々と年をとる。いよいよ精確になる計測眼が、私の等身大をごまかしなく提示して、私を苛む。

いっぱしの芸術家ぶって、大笑して馬鹿のふりでもできればいいのだが、当方、小賢しい処世術を身につけてしまったがゆえに、それも叶わない。

最近、眠る前によく声に出して言う。どうしよう、って。どうもこうもない。ただ、どうしよう、って、思う。

べつに、幸せじゃないわけじゃない。満足してないわけでもない。ただ、どうしようもなく膨らんでいく諦めのような何かしらがあって、それはたぶん、ほとんどのおっさんが感じてることなんだろう。

なぜって、どこにもいる、笑んでいるような泣いているような、なんとも煮え切らない顔をして酒を飲むおっさんの顔、まさに自分があんな感じになってきてるよなあと、最近ことに思うから。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をモチーフに作品を制作している。また、本ブログを中心に文筆活動も精力的に行う。無類の居酒屋好き。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

ふっとつぶやくさようなら

2012/02/28   エッセイ, ブログ

出会いは別れの始まりとかいう。ソフィアの歌でも「出会いと別れの繰り返し、そんなも ...

たかが8760時間

2008/03/20   エッセイ

またしても残念なことが起こってしまった。ブログを書いていて、誤ってブラウザを閉じ ...

本当には交わらない

2008/06/11   エッセイ

やはり耳がおかしい。最近調べたとこによると、往々にしてストレスが原因であるらしい ...

全瞬間をそれくらい喜べたら

2008/01/01   エッセイ

決してしょうもない人生にはならないはずだろう。 その瞬間を超えて、1時間たち、2 ...

呑みこまれる年と月に

酒を飲むようになったのはいつからだろう。 それは決して早くない。大学に入って教え ...

PAGE TOP