美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

善善偽善

 

それは大晦日の昼下がりだった。教会でのミサを終えて外に出ると、一人の男に声をかけられた。

見覚えがあった。と言っても、知り合いではない。近くのコンビニで、たった一度すれ違ったことがあるだけだった。だが、私でなくとも覚えていて忘れないだろう。

彼は全身に刺青、いわゆるタトゥーが入っていて、それは顔面の全体に及んでいた。子供ならきっと「刺青人間」と指差すだろう外見なのであった。

足を止めた私に、彼は近づいてきて、言った。仕事を失って、食べるものもない。だから、3ドルでいいからくれないか。

つまるところ物乞いである。どこにでもいると言えばそうだが、まだ三十かそこらのようだし、シンガポールではまず見ない。ともあれ、彼はカトリック教会から出てきた私のことを、きっと慈悲深いと踏んで声をかけてきたのだろう。

あいにく、私は自他ともに認める冷たい人間だ。キリストはいわばその隠れ蓑のようにさえ見える。にも関わらず、その時の私は、なぜだかさっと財布を取り出して、一枚、10ドル札を渡した。

彼はこれといって表情も変えずに受け取って、一言「Thank you」と背を向けた。ふと、異国らしい汗臭さが鼻をついた。私はなんとなく、その背に「God bless you」と添えた。彼は振り返ると、しおらしく頭を下げた。

彼を見送って、我に返る。なぜ私はそうしたのだろう。いましがた散々したり顔で十字を切ってアーメンだかなんだかやってきた身で、ほんのわずかの施しもできないなんて、あまりにも偽善的ではないかと案じたのかもしれない。

しかしその一方、私は彼の身の上に毛ほどの同情も覚えていない。彼の話は嘘だろうし、その真偽にすら興味がない。つまり、私のやったことは、心のない単なる機械的なアクションであって、キリスト的な愛や憐憫とはかけ離れたものでしかない。そもそもこの手のいかにもな行為をこうして公にするのもまた、ひとつの浅ましい偽善に違いない。

いったい、真の善とは何だろうか。ひとしきり私のさまざまを振り返ってみる。私には常に裏があり、思惑があったのではないか。真の善などというものは、私のどこをどう探しても見つかる気がしない。

とかいうことを書くと、誰かやさしい人が私の善なる部分に言及してくれるだろうこともわかっていて、だからこそわざとらしく書いている節もある。

ゆえにやっぱり私は偽善の人で、しかしこのような告白は私にある善を図らずも証明するきらいがなきにしもあらず、なんて書いた途端にまた力強く偽善が立ち上がってきて、もう、善とか偽善とかいうのは全然、私というか人間には手に負えない代物だからこそ、どうか神様南無阿弥陀仏なんてやってお茶を濁すほかないのかもしれない。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

空気を精読しようとする人々は

2007/12/27   エッセイ

予定がフイになるのはあまり気分のいいものではない。特に自分の立てた計画に忠実に動 ...

休日に浅草で落語というセンス

2008/12/24   エッセイ

ある意味では焼き魚に大根、カレーに福神漬けくらいにべったべたな組み合わせだけど浅 ...

朝もはよからプロジェクターで絵を描いて

2013/03/26   エッセイ, ブログ

昨日は仕事から帰ってすぐに寝た。22時前には寝た。どうも家族と会話をする価値が感 ...

横浜中華街に行ったけど

2009/05/09   エッセイ

画像はご覧の通り食事をしているところ。梅蘭とかいうカタヤキソバが有名なところ、ら ...

いとこの結婚式に行った、の巻

2009/04/18   エッセイ

広島に帰ってきたのはそのためである。 22才 ?だったか新郎新婦がやたら若くて、 ...